菅田将暉、コラボの巡り合わせに「うまく行き過ぎてて怖い」 亀田誠治も食い気味に質問

菅田将暉、コラボの巡り合わせに「うまく行き過ぎてて怖い」 亀田誠治も食い気味に質問

 俳優で歌手の菅田将暉が、30日放送のニッポン放送のラジオ特別番組『日比谷音楽祭 ON RADIO』(後5:40~9:10)にゲストとして生出演した。



【亀田プロデュース】山本彩、キレイに引き締まった腹筋披露



 亀田誠治がプロデューサーを務める『日比谷音楽祭2020』が、本来は30・31日に、2回目の開催の予定だったが、新型コロナウイルスの影響を受けて、開催を断念。今回の特番では、同音楽祭の「人の心を癒やし、さまざまなボーダーを超え、希望をつなぐのは音楽の力だ」ということ、そして「音楽を愛するすべての人たちのために」というコンセプトを、一緒に分かち合うことをラジオでも実現することを目指している。



 メインパーソナリティーの亀田から、さまざまなアーティストとコラボした感想を聞かれ「俳優業だけだと、何か具現できなかった気持ちとか楽しさを、コラボでほかのミュージシャンが音楽として形にしてくれる。僕にとっては浄化されていくような感じがありましたね」と説明した。



 またコラボで良い巡り合わせが続いているが、「うまく行き過ぎてて怖い。『米津玄師っていう奴が会いたい』って急に言われて、最初『誰だ?』って思いながら会ったら『灰色と青』って曲ができた」と楽曲が制作されたきっかけを説明。そのほか「(石崎)ひゅーい君を介して、あいみょんと出会い、公園で3人で歌ってたら曲ができたりとか…」と言いかけると、その豪華メンバーに驚いた亀田が「ちょっと待って。どこの公園ですか? 日比谷公園じゃない?(笑)」と食い気味に質問。今回の断念した音楽祭の会場が日比谷公園だったため、菅田は「次、日比谷公園でやろう! その時連絡しますね」と笑いながら答えていた。



 特番では、日比谷音楽祭に出演予定だったアーティストたちがリモートでゲスト出演。亀田とともに、菅田将暉、武部聡志、中村正人(DREAMS COME TRUE)といった面々が、それぞれの立場から「日比谷音楽祭」や「音楽の現在」「音楽の未来」について語り合う。元々は日比谷音楽祭で予定されていた亀田と武部聡志氏のスペシャルリモートセッションもオンエアする予定で、ボーカリストとして新妻聖子、一青窈、山本彩が出演する。



 この日の番組の様子は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。
カテゴリ