『呪術廻戦』虎杖・伏黒・釘崎・五条のキャラクター設定画解禁

『呪術廻戦』虎杖・伏黒・釘崎・五条のキャラクター設定画解禁

 10月よりMBS/TBS系“スーパーアニメイズム”枠にて放送されるテレビアニメ『呪術廻戦』よりメインキャラクターの虎杖、伏黒、釘崎、五条のキャラクター設定画が1日、公開された。



【画像】虎杖・伏黒・釘崎・五条の設定画



 『週刊少年ジャンプ』で連載中の同名漫画が原作で、コミックスはシリーズ累計450万部を突破している人気作。ある強力な「呪物」の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁が、呪いをめぐる戦いの世界へと足を踏み入れるダークファンタジー。



 メインキャラクター・虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)役を榎木淳弥、伏黒恵(ふしぐろ・めぐみ)役を内田雄馬、釘崎野薔薇(くぎさき・のばら)役を瀬戸麻沙美、五条悟(ごじょう・さとる)役を中村悠一が務める。



 虎杖悠仁は杉沢第三高校の一年で、呪いの王・両面宿儺の猛毒に耐えられる、千年生まれなかった逸材。それを使命と受け入れ、間違った死を阻止するべく、自ら呪いを廻る戦いに身を投じていく。伏黒恵は東京都立呪術高等専門学校一年で、二級呪術師として入学した天才であり、一年生ながら唯一単独任務が許されている。過去のある経験から、自分自身が大切に想う者を守るという信念を持つ。



 釘崎野薔薇は東京都立呪術高等専門学校一年で等級は3級。地方から上京してきた勝気な呪術師。閉鎖的で排他的な地元を毛嫌いしており、田舎から都会へ出るために、危険を承知の上で呪術高専へ編入する。五条悟は等級が特級であり、東京都立呪術高等専門学校の教師。軽薄でマイペース。常日頃から周囲を振り回すが、自他共に認める最強呪術師。強き仲間となる次世代を育成し、呪術界の未来を見据えるというキャラクターだ。
カテゴリ