反町隆史、角川春樹監督の存在を語る「顔を見るとホッとする」

反町隆史、角川春樹監督の存在を語る「顔を見るとホッとする」

 女優の松本穂香主演で、角川春樹氏の生涯最後のメガホン作として製作中の映画『みをつくし料理帖』(10月16日公開)から、第6弾のインタビューリレー動画が解禁。今回は反町隆史が登場した。



【動画】反町隆史がインタビューリレーに登場



 原作は、高田郁氏による同名の時代小説。これまでに全10巻が刊行されており、累計400万部を超えるベストセラー作品。2012年と14年には北川景子主演でスペシャルドラマ化、17年には黒木華主演で連続ドラマ化されている。『犬神家の一族』(1976年)を皮切りに『セーラー服と機関銃』(81年)、『時をかける少女』(83年)など数々のヒット作を送り出した角川監督が“生涯最後”と銘打ちメガホンをとる。



 反町が演じるのは、幼少の主人公・澪(松本)と野江(奈緒)の運命を言い当てる易者・水原東西。物語の主軸を担う重要な役どころだ。



 『男たちの大和/YAMATO』(05年)、『蒼き狼~地果て海尽きるまで~』(07年)と角川監督が手がけた作品に出演している反町は、角川監督の存在について聞かると「顔を見るとホッとする」といい「チームワークも良く、いろんなことをご指導してくださったので、それがうまく作品に伝われば」と話している。

カテゴリ