『家政夫のミタゾノ』初の“リモート”完全新作、世帯6.5%・個人3.3%

『家政夫のミタゾノ』初の“リモート”完全新作、世帯6.5%・個人3.3%

 松岡昌宏が女装した家政夫・三田園薫(通称:ミタゾノさん)を演じる、テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』(毎週金曜 後11:15※一部地域で放送時間が異なる)で5月30日、番組史上初の試みとして、出演者同士が顔を合わせない“リモートでの撮影”に挑んだ、60分の完全新作『特別編~今だから、新作つくらせて頂きました〜』が放送された。番組平均世帯視聴率は世帯6.5%・個人3.3%だった。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区。



【動画】劇中に出てきた平野レミの不思議な動画



 今回は、『むすび家政婦紹介所』の家政婦(&家政夫)たちのミーティングも、依頼人の夫である柴田明彦(音尾琢真)とミタゾノさんのやり取りも、そのほかすべてが、ひとつの画面の中で進行した。



 一方で、野菜を長持ちさせる方法や即席お好み焼きソースの作り方など、恒例の家事テクニックも健在で、「心をえぐるようなラスト」も含め、『家政夫のミタゾノ』らしさがいつも以上に、随所に散りばめられていた。



 『家政夫のミタゾノ』は、4月24日から第4シリーズがスタート。初回の番組平均世帯視聴率は9.3%で、シリーズ最高を更新した。個人視聴率は4.8%。第3話以降が延期となっている。
カテゴリ