漫画家・ジョージ秋山さん、次回作を構想中に死去 代表作は『浮浪雲』『銭ゲバ』など

漫画家・ジョージ秋山さん、次回作を構想中に死去 代表作は『浮浪雲』『銭ゲバ』など

 長期連載となった『浮浪雲』などで知られる漫画家・ジョージ秋山さん(本名:秋山勇二)が、5月12日に死去していたことが1日、わかった。77歳。同作を連載していた『ビッグコミックオリジナル』(小学館)編集部が発表した。次回作を構想している中で亡くなった。



【画像】44年も描き続けた漫画『浮浪雲』のカラーイラスト



 通夜・告別式はすでに家族のみで執り行われており、編集部は公式サイトにて「本誌にて、44年という長きにわたり、名作『浮浪雲』を連載していただいていたジョージ秋山氏が2020年5月12日、逝去されました(享年77)」とし「数多の作品を世に遺し、長年にわたり日本の漫画界を 牽引してこられた氏の多大なる功績に敬意と感謝を表するとともに、謹んでご冥福をお祈り申し上げます」とコメントしている。



 秋山さんは、1943年4月27日、東京都生まれ。1966年に『ガイコツくん』(別冊少年マガジン)でデビューし、1970年には漫画史に残る名作『銭ゲバ』(週刊少年サンデー)、『アシュラ』(週刊少年マガジン)を次々に連載。



 1973年にはビッグコミックオリジナルで代表作『浮浪雲』の連載を開始し、1978年、1990年の二度にわたりテレビドラマ化もされた同作の連載は、2017年の最終回まで44年に及んだ。
カテゴリ