彼氏が同棲したくなる彼女のお家デートでの行動

彼氏が同棲したくなる彼女のお家デートでの行動

結婚のためのステップとして同棲を考える女子は多いでしょう。ですが、付き合って長くても彼氏から「同棲したい」と言われない彼女も多く存在します。


同棲したくなる彼女と同棲をしたくない彼女にはどんな差があるのでしょうか?


今回は男子が同棲を考えたくなる彼女のお家デートでの行動をご紹介します。



美味しい料理をパパっと


「家に遊びに来てるときに、わざわざお店に一緒に買い物に行ってとかじゃなくて、冷蔵庫の中にあるものでパパっと料理をしてくれて、それが普通以上に美味しかったら、一緒に住みたいなぁって思います」(25歳/ゲーム)


恋愛から結婚を意識させるには男子の胃袋を掴むのが大切、というのは昔から言われています。美味しい料理を作れればそれだけでも同棲の価値が上がります。


スーパーに買い出しに行って凝った料理を作るより、目の前にある食材を使って作れることの方が重要なようです。


ダラダラしていても怒らない


「家でデートしてるのに、何かしてないと怒り出す女の子っているでしょ。そういう子とは同棲しても疲れそうって考えてしまいます。せっかくの休日に家にいるんだからダラダラさせて欲しい。一緒にダラダラしているのが心地よければ、同棲は最高でしょう」(30歳/販売)


大好きな人とせっかく一緒にいるのだから、何か意味のあることをしたい! と考える女子も多いかもしれませんが、それが男子に負担をかけている場合も。


同棲してからもダラダラと過ごしていることを批判せず、一緒にリラックスできる姿を想像させることが大切です。


甘えさせてくれる


「基本的には男は女を守るっていうのが理想だと思うんですけど、家の中では甘えさせて欲しいこともあります。そういうのを自然にできる子だったら、長く一緒にいたいなぁって。仕事から疲れて帰ってきても気を張らなきゃいけない相手は絶対に疲れるじゃないですか」(33歳/警備)


どんなに責任感があり、リーダーシップを発揮するタイプの男子でも、素の自分を見せて甘えられる場所は必要です。


それを提供できるパートナーだと相手に認めてもらえれば、同棲を通り越して結婚も夢ではありません。


普段は自分が甘える立場でも良いですが、彼が弱っているなと感じたら、そっと抱き寄せたり、話を聞いてあげたりできると良いですね。


おわりに


男の人が同棲相手に求めていることが何となく見えてきたでしょうか? 特別なことというよりも、一緒に過ごしていて自分が精神的、肉体的に楽をできる姿を想像できるかどうかが大切なようです。


同棲を考えた彼女とは、結婚も考えやすくなるもの。ぜひ、すぐにでも一緒に暮らしたいと思われるように頑張ってみてくださいね。


(大木アンヌ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ