渡辺麻友、芸能界引退の報告と感謝の思い伝える ファンら「今まで笑顔をありがとう!!」

渡辺麻友、芸能界引退の報告と感謝の思い伝える ファンら「今まで笑顔をありがとう!!」

 元AKB48で女優の渡辺麻友(26)が1日、自身のツイッターを更新。芸能界引退を報告するとともに「これまで関わって下さった皆様、応援してくださった皆様、誠にありがとうございました!」と感謝の言葉を伝えた。



【写真】ミニスカ&へそ出し衣装でツインテール!アイドルまゆゆ



 渡辺は「私事ではありますが5月31日付けで長年お世話になりましたプロダクション尾木を退所し、芸能のお仕事を離れる運びと致しました」と報告。「これまで関わって下さった皆様、応援してくださった皆様、誠にありがとうございました!」と思いを伝え「世間ではまだ大変な状況が続きますが、皆様くれぐれもお身体にはお気をつけ下さい」とメッセージした。



 渡辺の報告を受け、フォロワーやファンからは「麻友ちゃんの幸せを願ってます」「まゆゆお疲れ様でした。これからはゆっくりしてね」「麻友ちゃん、長い間お疲れ様でした。まゆゆは完璧なアイドルでした。正直、テレビで麻友ちゃんが見れなくなるのは寂しいです。でも、体調が1番大事だから。麻友ちゃん、沢山の笑顔と勇気をありがとう。人生一度きり、第二の人生を応援します」「まゆゆ! 今まで笑顔をありがとう!!」など、気遣う声や、感謝のコメントが続々と届いている。



 同日正午には、所属事務所が「渡辺麻友より『健康上の理由で芸能活動を続けていくことが難しい』という申し入れがございました」と報告し「数年に渡り体調が優れず、これまで協議を重ねて参りましたが、健康上の理由でしたので身体の事を最優先に考え、本人の意思を尊重し2020年5月31日をもちましてプロダクション尾木との契約を終了し芸能活動にも終止符を打たせていただくこととなりました」と発表。



 「突然の発表となり長年に渡り応援してくださった皆さまには大変申し訳ございませんがこれまでのご支援には深く感謝申し上げます。ありがとうございました」と伝え「また今後の渡辺麻友についてですが芸能活動を終え、心身の回復を図り普通の生活に戻れるよう健康面を最優先させていただきたいので、本人への取材や憶測でのSNS投稿、記事掲載などお控え頂けますよう伏してお願い申し上げます」と呼びかけた。



 渡辺は、AKB48の第3期生で、愛称は“まゆゆ”。2007年7月、シングル「BINGO!」で初選抜入り。09年1月、AKB48の派生ユニット・渡り廊下走り隊を結成。12年1月、テレビ東京系ドラマ『さばドル』で初主演。同年2月、シングル「シンクロときめき」でソロデビュー。2013年2月、AKB48のシングル「So long!」で初センターを務める。2014年『第6回 AKB48総選挙』で初の1位に輝く。AKB卒業後は、女優として活動していた。

カテゴリ