ロバート・ダウニーJr.主演『ドクター・ドリトル』6・19公開 吹替版は藤原啓治さんが担当

ロバート・ダウニーJr.主演『ドクター・ドリトル』6・19公開 吹替版は藤原啓治さんが担当

 新型コロナウィルスの感染状況ならびに予防対策のため、公開延期となっていた映画『ドクター・ドリトル』の新たな公開日が、今月19日に決定した。動物と会話ができる名医ドリトル先生役を『アイアンマン』、『シャーロック・ホームズ』のロバート・ダウニーJr.が演じる本作。日本語吹替え版は、これまでダウニーJr.の吹替えを務めてきた藤原啓治さんが担当している。



【動画】映画『ドクター・ドリトル』予告編



 イギリスの小説家、ヒュー・ロフティングによる100年もの間愛され続ける世界的ベストセラー「ドリトル先生」シリーズを基に、“動物と会話ができる”というシリーズ最大の魅力を、『アリス・イン・ワンダーランド』(2010年)、『マレフィセント』(2014年)のスタッフが圧倒的なクオリティで描きながら、壮大な冒険へと誘う。



 ドリトル先生役のダウニーJr.のほか、ドリトル先生が最も信頼をしている頑固なオウム・ポリネシア役には『ハワーズ・エンド』(1992年)でアカデミー賞主演女優賞を受賞したエマ・トンプソン。臆病なゴリラ・チーチー役には、『ボヘミアン・ラプソディ』(2018年)でアカデミー賞主演男優賞を受賞し、来年「007」シリーズの敵役への抜てきも話題となっているラミ・マレック。



 熱血でおとぼけなアヒル・ダブダブ役には、『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』(2011年)でアカデミー賞助演女優賞を受賞したオクタヴィア・スペンサー。さらに、マリオン・コティヤールがキツネのチュチュ役の声を担当するほか、レイフ・ファインズがトラのバリー役、セレーナ・ゴメスがキリンのベッツィ役を担当するなど、動物役のボイスキャストも超豪華な顔ぶれがそろった。



 また、マーベル映画でロバート・ダウニーJr.と共演したトム・ホランドが、ドリトル先生の犬・ジップ役として再び共演することになり、大きな注目が集まっている。



 日本語吹き替え版には、ドリトル先生役の藤原さんのほかに、小野大輔、朴ロ美、中村悠一、斉藤壮馬、沢城みゆき、花澤香菜、黒田崇矢、茅野愛衣、杉田智和、井上和彦、諏訪部順一、池田秀一、森功至、大塚芳忠、大塚明夫、増田俊樹、武内駿輔、沢城千春、福原綾香、橘龍丸、瀬戸麻沙美、泊明日菜ら総勢23人の実力派声優陣が参加。さらに、石田ゆり子、八嶋智人、霜降り明星(せいや、粗品)も加わり、オリジナル版に勝るとも劣らない豪華さに、期待が高まる。



■ストーリー

 動物と話せるドリトル先生は、名医だが変わり者。世間から遠ざかり、さまざまな動物たちとひっそりと暮らしていた。しかし、若き女王が重い病に倒れたと聞き、ドリトル先生は女王を救える唯一の治療法を求めて伝説の島へと冒険の旅に出発する。一緒に行く仲間は助手のスタビンズ少年と、ドリトル先生が最も信頼する親友である頑固なオウム、臆病なゴリラ、とぼけたアヒル、陽気なシロクマ、皮肉屋のダチョウなど個性豊かな動物たち。ほかにもメガネをかけた忠実な犬や、おしゃべりなキリン、賢くて勇敢なキツネ、昆虫など数多くの生き物が登場。旅の中で明らかとなっていく、ドリトル先生の過去、国を揺るがす陰謀…物語はめまぐるしく動き出す。

カテゴリ