井上小百合、一人芝居に初挑戦 異例の無観客開催も「確実に成長した」

井上小百合、一人芝居に初挑戦 異例の無観客開催も「確実に成長した」

 新型コロナウイルスを受け、4月7日より休館していた東京・下北沢の本多劇場が1日、営業を再開した。劇場再開の第一弾として一人芝居『DISTANCE』をきょう1日から7日まで“無観客生配信”する。同日、同所で報道陣向けの取材会が行われ、キャストの永島敬三、井上小百合、入江雅人らが出席した。



【写真】間隔を空けて登壇した井上小百合らキャスト陣



 取材会は、感染拡大防止のため、報道陣はマスクとフェイスシールドの着用を義務化し、入館時には体温検査を実施。記者やカメラマン一人ひとりに指定席、衝立(ついたて)が用意され、キャスト・スタッフも間隔を空けて登壇するなどの厳戒態勢が敷かれた。



 開幕初日には、永島、井上、入江が出演し、3演目を連続で上演。今作が一人芝居に初挑戦となる井上は「本当に楽しかったです。こういういろんなことが苦しい状況のなか、本多劇場という舞台に立てたことは、自分の人生にとって大きな出来事になるだろうなと思ってます。ただただ楽しんでしまったのと、やっているうちにいろんな方への感謝の気持ちがあふれてきました」と感慨深げ。



 目の前には無人の客席が広がる異例の環境となったが「これまでが本当に大切な時間だったんだなと、緊急事態宣言や自粛期間を経て、思いましたし、今までお客様が観に来てくださったことが、どれだけ有り難かったかをすごく痛感しました」としみじみ語った。そして「初めて尽くしで大丈夫かなと。友達の前で号泣もしちゃったんですけど、こういうのも楽しいなと。確実に自分が成長したことが実感しました」と言葉に力を込めた。



 一人芝居『DISTANCE』にはそのほか、伊礼彼方、柄本時生、小沢道成、片桐仁、小林顕作、近藤芳正、清水宏、鈴村健一、川尻恵太、御笠ノ忠次らが日替わりで出演する。
カテゴリ