賀来賢人、周瑜役で欲丸出し「CMにつながってほしい」 岡田健史は孫権役で福田組初参加

賀来賢人、周瑜役で欲丸出し「CMにつながってほしい」 岡田健史は孫権役で福田組初参加

 俳優・大泉洋が劉備玄徳役で主演を務める映画『新解釈・三國志』(12月11日公開)の追加キャストとして、天下の最高司令官・周瑜役を賀来賢人、呉の初代皇帝・孫権役を岡田健史が演じることが、発表された。



【写真】カチューシャつけてニッコリ!幼少期の岡田健史



 同映画は、中国・後漢時代に魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物『三國志』をオリジナル脚本で映像化。『今日から俺は!!』、『勇者ヨシヒコ』、『銀魂』シリーズなどを手掛けた福田雄一監督がメガホンをとり、大泉が「蜀」の武将・劉備、ムロツヨシが諸葛孔明、黄天の逆賊・黄巾を山田孝之、三國志最強の鬼神・呂布を城田優、酒池肉林の暴君・董卓を佐藤二朗が演じる



 知略に優れた武将で数々の戦いを指揮し勝利。容姿端麗だったことから“美周郎”の異名でも知られる周瑜を演じる賀来は「あまりふざけないで役と向き合い、存在感を見せることができたんじゃないかと思っています」と自信。続けて「この作品で仕事が増えそうな気もしています。欲を言うと、増えてほしいです。さらに欲を言うと、CMにもつながってほしいです」と欲丸出しなコメントを寄せた。



 真面目で英明な君主・孫権を演じる岡田は、本作が福田組初参加。「まさに伝説!と称される福田組に参加できたことは、心の底から自慢したいです!」と笑顔。「福田組の皆さま、至極ふざけています。本当にふざけている福田組に洗礼を受けました」と話している。



 さらに、呉の老将・黄蓋を矢本悠馬、「赤壁の戦い」で周瑜の補佐を務めた魯粛を半海一晃が演じることも明らかになった。矢本は「私の俳優人生で最高齢の役でございます。福田組ならではの自由度! 期待度! 間違いなしであります」とアピール。半海は「福田ワールドのファンは間違いなくはまります、絶対!」と自信をのぞかせた。
カテゴリ