田舎に“ポツンと”一トラック 廃トラックの“盛衰物語”をジオラマで

田舎に“ポツンと”一トラック 廃トラックの“盛衰物語”をジオラマで

 田んぼの真ん中にある農具をたくさん積んだナンバーのないワゴン車や、駐車場の片隅にポツンと置かれた年季の入ったトラック。モデラ―のワタワタさん(@Wataru_marusyo)は、そんな田舎の風景を切り取りジオラマを制作、発表している。朽ちたトラックを通じてどんなメッセージを伝えたいと思っているのか、話を聞いた。



【写真】「当たりが出たらもう1本」から田舎特有の“謎ドリンク”まで完全再現…精巧すぎる自販機



■祖父のプレゼントがきっかけ 「机の上でリアルな情景を再現したい」



――トラック運転手だった祖父が、大人向けのトラックのプラモデルを作ってプレゼントしてくれたことが、ジオラマ制作の原体験だったと語るワタワタさん。自身も中学2年くらいから本格的に制作を始め、徐々にオリジナリティーを出すようになったといいます。



【ワタワタ】Twitterなどでさび塗装やジオラマを知り、「現実と見間違うほどのリアルな情景を自分の机の上で再現出来たらなー」と思ったのがきっかけです。なかでも、アオシマ文化教材社さんの「ヘビーフレイト」シリーズは部品点数が多く、かなり細かい部分まで再現されていて、初めて出会い、作ったときは衝撃を受けました。見えない部分も再現されているので廃車の一部部品が取れているところなども再現しやすいです。



――自身の代表作で、SNSでも話題となった『田舎の自動車整備工場の片隅に佇む倉庫代わりの廃車のトラック』は、地元の新潟の風景をイメージして制作されました。



【ワタワタ】新潟の田んぼだらけの田舎町にある自動車整備工場の片隅に置かれた、地元運送会社カラーの廃車になったトラックで、今も荷台部分は倉庫として使われているって感じのイメージです。地元の有名な運送会社さんで、よく走っているので作成資料も集めやすいですし、2トーンカラーで目立って、程よいレトロ感もジオラマ映えするなって思って決めました。

 トラックは基本的に現役を引退しても海外へ輸出されたりして使われることがほとんどなので、廃車が放置されるのは珍しいのですが、ジオラマとしてうまく溶け込ませられるよう、車両とベースとなるアスファルトや土の部分が違和感がないように汚れ、劣化具合を考えながら工夫して作っています。廃車をテーマにした理由は、ジオラマを作るうえで普通のトラックよりも見てくれた人がいろいろとイメージを膨らませて楽しんでくれるかなって思って。道路には稲を積んだ軽トラなども走らせてみました。

 使用したキットは、トラックが『フジミ模型 1/32スケール 日野レンジャー4E アルミパネル仕様』、軽トラックが『トミーテック 1/35スケール スズキ・キャリイ』です。



■どこかで見たことある…そんな既視感“田舎あるある”を作品で表現



――この作品のなかでも、“廃車”を表現するうえで一番のこだわりはどこですか?



【ワタワタ】さびや劣化部分、汚れ具合の表現の仕方にはこだわりました。さびは基本的に茶色とクリアーオレンジの瓶塗料を使い、筆や爪楊枝などで垂らした後にシンナーで拭き取ったりして再現しています。また、立体感が欲しいときはプラモデル自体をカッターナイフで少し削ったりして凹凸をつけた上から先程の塗料とシンナーで作ったりしています。

 また、劣化具合を再現するために、下地塗装用の灰色のサーフェイサースプレーも使用しています。軽く吹き付けるだけで埃っぽい感じやガラスのくすんだ感じが出るのでとてもオススメです。

 実際のそれらをいろんな角度から研究して、「このトラックはどんな経緯でここに置かれて、何年ぐらい動いていないのだろう」など、ジオラマでは表現しきれない裏の設定を、観てくれる人が想像して共感して景色に入り込んでもらう。そのためには、どうしたらいいだろうとか考えながら作成しました。



――細かい表現をするために、行っていることはありますか?



【ワタワタ】最近は、廃車のトラックが放置されていることは珍しいので、グーグルマップやストリートビューなどでありそうな場所を探して実際に行ってみます。そこでテーマが決まることもあります。この作品は、ある程度イメージが固まっていたので、製作から大体の形にするまで3ヶ月くらいでした。完成後も電柱を作って追加したり、道路に空き缶を配置したりちょくちょくバージョンアップしています(笑)。



――制作後の反響はいかがでしたか?



【ワタワタ】Twitterで有名なジオラマ製作者の方など多くの方から「いいね!」をいただけて本当にうれしかったです。また、製作の翌年にはこれがきっかけで出会ったプラモデルクラブの方と一緒に世界最大のプラモデルの祭典の「静岡ホビーショー」にも展示させてもらったり、トラック専門誌にも何度か掲載してもらったりしました。



――こういったジオラマ制作において、ワタワタさんが貫いている信念は?



【ワタワタ】生活の中で見落としてしまいがちな、何げないけど素敵な場面をジオラマとして切り取って再現していきたいと思っています。その土地その土地のさまざまなな土の地面や雑草の生え方など研究中です(笑)。「駐車場に転がるホイールキャップ」「消雪パイプや錆汁で茶色く汚れたバリケード」とか、いろいろな人に共感してもらえるような“田舎あるある”を詰め込んでいろんな場面を作っていきたいです。



――モデラ―として今後やってみたいことはどんなことですか?



【ワタワタ】現在、トラックに関係した「架装メーカー」と呼ばれるところで小型の消防車の設計のお仕事をさせてもらっているので、自分が関わった車両の再現なども行っていきたいです。僕にとって、ジオラマは「さまざまな情景や想いを机の上で表現できるもの」。最近はよりマニアックで精密なプラモデルが発売されているので、それに見合うジオラマを今後も作っていけたらと思っています。
カテゴリ