本命になれる女子は実践している!男性が喜ぶ「特別感」の作り方

本命になれる女子は実践している!男性が喜ぶ「特別感」の作り方

特別扱いの中でも、男性が“喜ぶ”ものと“困る”ものがあるのはご存知でしょうか?


特別扱いがうまくできないと感じるときは、実は“困る特別扱い”をしている可能性があります。


今回は本命女子が実践している、男性が“喜ぶ特別感”の作り方を紹介します。


基本的にはあからさまな特別扱いはNG。それがどういう効果を生むのかも合わせて解説します。



“特別”すら内緒


たとえばおみやげを渡すとき。


他の人にはまとめて同じものを買ったものの、彼が好きなお菓子やキャラグッズを見つけたら、彼個人に買ってあげたくなってしまうかもしれません。


でもだからと言って“彼だけ”別のものがあると、周りの人もいい気はしませんし、彼自身も気まずくなるでしょう。まさに“困って”しまいますよね。


そんなときは、みんなにおみやげを渡したあと、ふたりきりのときに「これはおまけ。内緒ね」と伝えてみましょう。


“特別”であることを、他の人に教える必要はないのです。


好みを知っておく


彼がよく飲んでいるコーヒーの好みや食べ物の好みを知っておき、買い出しの係になったときなどには、それを買ってピンポイントで渡してみてください。


とはいえ全員“無糖”なのに彼にだけ“微糖”を買ってくるという特別はNG。ちょっとあからさますぎますよね。


そういう場合は「無糖」も「微糖」も何本かずつ買ってきたうえで、彼にはどちらがいいか聞かずに好みのものを渡すのです。「いつもこれですよね」と言い添えて。


そういうさりげなさがあると、「俺のことちゃんと見てくれてる」と彼もうれしくなるはずです。


「○○くんはいいの」


「○○くんはいいの」


彼からお願い事をされたときに、「○○くんのお願いならしょうがないな」とひと言添えてみて。


もしくは、何か彼が失敗したときでも「○○くんはいつもちゃんとやってくれてるから」と許してあげる姿勢を見せてみてもいいですね。


つまり「○○くんはいいの」というメッセージを伝えてみるのです。


彼以外は引き受けない、許さないなど、あまりにも他と差別化すると、えこひいき感が出てしまうので、他の人には言わないことを彼だけに言う……くらいの”特別”にとどめておくといいでしょう。


おわりに


“特別感”は彼以外の人に感じさせる必要はありません。“彼にだけ”感じてもらえばそれでいいのです。


“特別感”がうまくいかない人は、彼以外の人にも「この人は特別なの!」と伝わるようなやり方になっているのかもしれません。


その点に気をつけるだけで、“彼に喜んでもらえる特別感”を十分作ることができるはずですよ。ぜひ試してみてください。


(矢島 みさえ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ