豊川悦司・浅野忠信・國村隼が出演 映画『ミッドウェイ』9・11公開決定

豊川悦司・浅野忠信・國村隼が出演 映画『ミッドウェイ』9・11公開決定

 映画『インデペンデンス・デイ』(1996年)のローランド・エメリッヒ監督が、日本の運命を決した歴史的海戦を鮮明に描いた映画『MIDWAY』(原題)が、『ミッドウェイ』の邦題で、9月11日より全国公開されることが発表された。豊川悦司、浅野忠信、國村隼ら、日本の役者も出演している本作のティザービジュアルも解禁された。



【写真】再放送で話題になった『愛していると言ってくれ』



 未曾有の戦いとなった第二次世界大戦の中でも、歴史を左右するターニングポイントとなった激戦として知られるミッドウェイ海戦。激突したのは、日本とアメリカ。1942年、北太平洋のハワイ諸島北西のミッドウェイ島に、巨大な航空母艦、世界最大の大和を含む超弩級の戦艦、戦闘機、急降下爆撃機、潜水艦が出動し、空中、海上、海中、そのすべてが戦場となった。そしてそこには、両軍ともに、国を愛し、覚悟を持って戦った男たちがいた…。



 ちょうど、78年前のきょう(日本時間6月5日未明)から3日間、ミッドウェイ島付近で行われた海戦での敗北が、それまでの「常勝日本」を劣勢へと陥らせてゆく、大きなきっかけとなる。司令官たちの緊迫した頭脳戦、パイロットたちの壮絶な空中戦、彼らを船上から迎え撃つ決死の海上戦──何が、彼らの勝敗を分けたのか…?



 観客のド肝を抜く一大スペクタクル映像の第一人者であるエメリッヒ監督が、20年に及ぶリサーチと新たに発見された日本軍側の貴重な資料をもとに、戦場に身を捧げた全ての兵士への敬意を捧げて史実を再現。日本の運命を決めた3日間の海戦の全貌が、今明かされる。



 「ドイツ人としての責任感があった。日本人を単なる敵としてではなく、敬意を持って描くことを心掛けた。多くの命が失われる戦争には勝者は無く、敗者しかいない。だからこそ、二度と起きてはならない戦争を描いたこの映画を日米の海兵たちに捧げる内容にしたかった」と語る、エメリッヒ監督。



 本作のテーマを反映した第1弾ポスタービジュアルは、「勝利も、敗北も、海は覚えている」という、日米両国の兵士に捧げられたコピーと共に、第二次世界大戦で名を馳せたアメリカ軍の急降下爆撃機SBDドーントレスに乗り込もうとしているエド・スクラインが切り取られ、国のために戦う男の覚悟が伝わるだけでなく、背後にある航空母艦がこれから起こる壮絶な戦いを予感させるビジュアルとなっている。



 山本五十六連合艦隊司令官役を豊川、山口多聞役を浅野、南雲忠一役を國村、チェスター・ニミッツ役をウディ・ハレルソン、レイトン少佐役をパトリック・ウィルソンが演じるほか、エド・スクライン、マンディ・ムーア、ルーク・エヴァンス、デニス・クエイドらが出演する。
カテゴリ