外山惠理、赤江珠緒の代打完走で祝福相次ぐ リスナーのメールに感謝「ラジオが日常に…」

外山惠理、赤江珠緒の代打完走で祝福相次ぐ リスナーのメールに感謝「ラジオが日常に…」

 TBSの外山惠理アナが5日、TBSラジオ『金曜たまむすび』(毎週金曜 後1:00)に生出演。新型コロナウイルス感染で、自宅療養中だったフリーアナウンサーの赤江珠緒が8日より復帰することから、きのう4日放送のTBSラジオ『赤江珠緒たまむすび』(月~木 後1:00)が、2ヶ月近くにわたるピンチヒッターのラスト回に。1日あけて、相次いで寄せられている祝福の声に感謝を伝えた。



【写真】生クリームをうれしそうにしぼる外山惠理アナ



 直前に放送された『ジェーン・スー 生活は踊る』(月~金 前11:00)エンディングでは、ジェーン・スーと堀井美香アナが、外山アナの代打完走を祝福するためにサプライズで“くす玉”を用意。「頑張った外山さん」と労われると、外山アナは「いやーもうありがとうございます! 泣いちゃうよ」と感謝の思いを伝えながら「『金曜たまむすび』は毎週続きますので、ひとつお願いいたします」と呼びかけた。



 その後、スタートした『金曜たまむすび』冒頭で、外山アナは「パートナーの方さまさまです」と感謝。金曜パートナーの玉袋筋太郎が「『たまむすび』の絆は、ギュッと堅結びですから」とかみしめるように語ると、外山アナも「昔から支えてくださった方、コロナの時期に久しぶりに聞いた方、たくさんメールをいただいて。それがうれしくてね」と思いを伝えた。



 会社からも花束を受け取るなど、さながら“退社”のようなムードになっていることについては「やめないですから!」とおなじみの笑い声できっぱり。「『金曜たまむすび』は。続きますから。やっぱり、こういう風に、ラジオが日常になってくださったっていうのがうれしいですね。会社に行くことになったっていう人も『タイムフリーで聴きます』ってメールをくれて、とてもうれしかった」と話すと、玉袋も「生活の中に溶け込むBGMになりたいっていうことでね…」とうれしそうに合いの手を入れていた。



 外山アナの代打ラストウィークとなった今週の『たまむすび』と『金曜たまむすび』は、放送後1週間以内は「radiko」で聴くことができる。
カテゴリ