和牛、レシピ本刊行に喜び 川西は“血管タイム”反響に感謝「自分で気づけない魅力を…」

和牛、レシピ本刊行に喜び 川西は“血管タイム”反響に感謝「自分で気づけない魅力を…」

 お笑いコンビの和牛が4日、レシピ本『cookpadLive公式レシピ 和牛キッチン 川西シェフ・助手水田』(ヨシモトブックス)を20日に刊行することを記念して、リモート取材に応じた。



【写真】血管タイムへの反響を語る川西賢志郎



 クッキングLiveアプリ「cookpadLive」で、累計視聴者数38万人超えの人気番組『和牛キッチン―川西シェフと助手水田―』が、ファンのリクエストに応えて書籍化。反響の高かった“神回”全63レシピを紹介するとともに、この本でしか見られない撮りおろし写真や、各回を振り返るエピソード集、和牛の2人が語りおろしたインタビューも収録されている。



 今回の書籍化について、川西賢志郎が「これが、形になると思ってなかった」と率直な思いを口にすると、水田信二も「フリーペーパーになればいいなと思っていたので(笑)。すごいですよ、こんなん考えられない。夢がかないましたね」としみじみ。水田が「このまま(川西)シェフが上達してもらって、道場六三郎さんと対戦させたい」と願望を語ると、川西は「すごいところまでいかそうとしてるやん」と笑顔でツッコミを入れた。



 今後の野望については、そろって“ハワイ”での番組配信を挙げ、水田が「ハワイの食材を使って、ハワイの人に教わるっていう形でやってみたいですよね」とニヤリ。番組内では、川西の血管が浮き出る“血管タイム”も反響を呼んでいるが、川西が「自分でも気づけない魅力を、みなさん拾っていただいて、ありがたいですね」と思いを伝える一方で、水田は「そこから派生して、水田の腕毛タイムをやっていたんですけど、不評でした」と笑わせた。



 2人にとって、番組配信が重要な時間になっているようで、川西は「配信の曜日も時間も決まってなくて、ルミネで漫才やって、30分後にしている時もあるんですよ(笑)。そういう時に『何しているんやろうな』って思ったりするんですけど、この時間が自分の生活にアクセントになってくる。そういう変化は楽しいですね」と充実感をにじませていた。
カテゴリ