東映アニメーション、初の一般公募アニメ企画の受賞作発表 優秀なクリエイター発掘など目的

東映アニメーション、初の一般公募アニメ企画の受賞作発表 優秀なクリエイター発掘など目的

 東映アニメーションが5日、昨年6月より実施していた初の一般公募プロジェクトとなるオリジナルアニメ企画『東映アニメーション 100年アニメプロジェクト』の受賞企画を発表した。プロ・アマ問わず全7企画あり、高木勝裕社長は「デビュー作とは思えない企画がいくつもありました」など受賞企画の感想や、本プロジェクトへかける想いなどを語った。



【写真】応募作品に驚き!東映アニメーションの高木勝裕社長



 今回の企画は、オリジナルのアニメ企画を広く一般から公募し、企画の募集を通じ、次世代のオリジナルアニメや優秀なクリエイターの発掘が目的で、創立60周年を経た同社にとって初となるアニメ企画の一般公募となっていた。



アニメの企画を募集する3種類のコースとクリエイター&製作プロデューサーを募集するコースの全4種類あり、今回、受賞企画のあらすじは公式サイトにて公開し、大賞をはじめとする受賞企画は、企画にあわせたさまざまな形でのメディア展開を検討していく。



 高木社長は「全てのコースにおいてクオリティーが高い企画が多かったと思います。私もこれまでに、多くの企画に接してきましたが、それでも驚かされたり、感心させられることも多かったです。これは、応募された皆様の企画にこめられた熱意と、映像業界をはじめ、多種多彩な業種でキャリアを積まれてきた皆様からご応募いただけたことによる結果だと思っております」と説明。



 「初めて企画を作ってみましたという方からの企画のクオリティーも非常に高く、デビュー作とは思えない企画がいくつもありました。それ以外にも、荒削りではありますが、アイディアに光るものがあり、非常に高いポテンシャルを感じさせる企画も多くありました。そういった企画には、ここをこうすればもっと面白く出来るのに! と私なりのアイディアも加えたいと思うことが何度もありましたが、当プロジェクトは、あくまでコンテストで、私のアイディアを加えてしまっては不公平になってしまいますので、そこは残念でした」と笑いながらも企画の質の高さに驚いたと告白。



 そして「当プロジェクトが、皆様のこれからの創作活動へのきっかけや今後の励みになれば大変うれしく思います。皆様の今後のご活躍に期待するとともに、今後も機会がありましたら、企画の募集は続けていきたいと思っております」と次回の実施も検討するとし「なお、大賞を始めとする受賞企画は、さまざまな形でのメディア展開を探っていきます。出来るだけ早く皆様にお届けできればと思っておりますので、楽しみにお待ちください」と呼びかけた。



■受賞企画

<大賞>

募集コース:Bプロでもアニメコース

企画名(作品名):ドングリ通信レスキュー隊誕生 天馬天空を駈けていけ

応募者名:大嶋まさひろ



<社長特別賞>

募集コース:Aだれでもアニメコース

企画名(作品名):ピグマリオンのオレンジ

応募者名:新丸令士



<優秀賞>

募集コース:Aだれでもアニメコース

企画名(作品名):Paint the Earth

応募者名:仁枝志予



募集コース:Aだれでもアニメコース

企画名(作品名):ライドン・ライオン

応募者名:風呂屋龍乃介



募集コース:Bプロでもアニメコース

企画名(作品名):雨だって彩々

応募者名:遍柳一



<奨励賞>

募集コース:Aだれでもアニメコース

企画名(作品名):メテオギャザラー

応募者名:真夜寛



募集コース:Aだれでもアニメコース

企画名(作品名):クラゲの骨

応募者名:本山久美子



※「コースC:みんなでリメイクコース」は該当者なし。
カテゴリ