もう会うのやめよう…。デート中、男性が傷付くNGワード

もう会うのやめよう…。デート中、男性が傷付くNGワード

彼との関係が深まるにつれて、つい遠慮もなくなってくるもの。


でも、ポロっと言った一言が、彼を深く傷つけてしまうことも……。最悪の場合、ケンカや別れ話に発展する恐れもありますよ。


そこで今回は「男性が傷付くデート中のNGワード」を3つご紹介します。 彼とのデートを思い出しながら、ぜひチェックしてみてください。



「そんなのもできないの~?」


「彼女とデート中、道に迷ってグー〇ルマップを使ったんだけど、イマイチ見方がわからなかったんだよね。


そしたら彼女が『地図も読めないの~?』と小ばかにしてきた。冗談だったのかもしれないけれど、けっこう傷付きましたね」(32歳/メーカー勤務)


彼女から「そんなこともできないの?」と言われたら、男性はかなりぐさっとくるよう。男としてのプライドが、ズタズタになってしまいます……。


たしかに、彼氏にスマートにエスコートしてほしい気持ちはよくわかります。


でも誰にだって苦手なことはありますよね。“男ならできて当たり前”と決めつけるのはやめましょう。


わからないことがあったら、お互いに協力するようにしましょう! そうすることで、二人の仲がより深まりますよ。


「本当は〇〇したかったのに」


「久しぶりにデートをしたのですが、思いのほかやることがなくて。不機嫌な彼女から『本当は今日、家の掃除がしたかったのに!』と文句を言われました。


俺もイラっとして、つい『だったら最初にそう言えよ!』とキレちゃいましたね。せっかくのデートなのに、全部だいなしになりました」(28歳/住宅)


「本当は〇〇したかったのに!」は、あと出しですよね。


どんな状況でも「あと出し」をするのはNG。フェアじゃないですし、相手もかなりイラっとくるはず。


また、一生懸命にデートプランを考えてくれた彼を傷つけてしまう一言でもあります。もう次からはデートに誘ってもらえなくなるかも……。


彼と会うと決めたのなら、デート中にイライラがつのってもグチはNG! 結局は、彼との時間を「楽しんだもの勝ち」ですよ。


「別に普通だね」



「レストランで食事中、彼女になにげなく『おいしい?』と聞いてみたんです。でも『うーん。別にマズくはないけれど。まぁ普通だね』と言われてしまった。


せっかくお店も予約したのに、何だよその言い方……。すごく悲しい気持ちになりました」(30歳/広告)


「びみょう」「普通」「つまらない」など……。デート中にそんなマイナスワードを言われたら、かなり傷つきますよね。


彼とのデート中は、「おいしい!」「楽しい!」など、ポジティブな言葉えらびを心がけて。


ちょっとオーバーリアクションぐらいがちょうどいいかもしれませんね。


あなたの喜ぶ姿に、彼は「次のデートも楽しませよう!」と張り切ってくれるでしょう。


おわりに


たとえ悪気がなかったとしても、知らず知らずのうちに相手を傷つけてしまうこともあります。


大切な彼との関係を、よけいな一言で崩したくはないですよね。


デート中の自身の振る舞いを、もう一度ふりかえってみてください。彼を傷つけてしまうことがないよう、かける言葉には気をつけましょう。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ