男性が「女性の思いやり」を感じるのってどんなとき?

男性が「女性の思いやり」を感じるのってどんなとき?

思いやりとは、他者への優しい気遣いのこと。「自分のことを考えてくれてるんだな」と感じると、本当に心が温かくなりますよね。


誰だって思いやりを示されるとうれしいものですが、男性にとって「女性の思いやり」を感じる瞬間は特別なものです。


心にグッときて「そばにいてほしい」と感じるような思いやりって、どんなときなのでしょうか……?



手作りのお返しをもらったとき


女性からの手作りは、多くの男性にとってうれしいものです。手作りで一番ポピュラーなものといえば、「手作りのお菓子」でしょうか。


何かを手伝ったお返しとしてもらったり、お祝いなどでもらったりすると、男性は女性からの真心を感じるようです。


ぜひ、チャンスがあれば手作りにチャレンジして、それと一緒に「ありがとう」と伝えてみてください。


彼の具合が悪そうなときがあれば、「元気になってほしくて!」と渡してみるのもいいかもしれません。可愛い包装だと、女性らしさもアピールできますよ。


特別な想いを伝えたいなら、ちょっとしたメッセージカードやお手紙を入れるのもおすすめです。


体調が悪いと心配してくれるとき


体調が悪いときに心から心配してくれる女性がいると、男性は心をギュッとつかまれてしまうよう。


もし彼の体調が悪そうだったら、「何か手伝えることがあれば言ってね!」と声をかけてみましょう。


ポイントは、真剣なまなざしで彼を見つめること。


男性はまだ特別な関係ではなくても、長く付き合っていても、自分のこと以上に心配してくれる女性には思いやりを感じるものです。


批判を気にせずにほめてくれるとき


どんなに優秀な男性でも、いつもほめられているわけではありません。ときには失敗して、落ち込むこともあります。


そんなときは、とくに心がデリケートになっているので、女性からの思いやりは心にしみるでしょう。


周りからどう思われても「○○くん、いつも頑張っているから、私は応援してるよ!」なんて一言があれば、彼の心をギュッとつかめるはず。


普段から彼の持っている個性や良いところをよく見て、ここぞというタイミングでほめてみましょう。


自分の好みに合わせてくれるとき


男性の中には、こだわりを押し付けないで、自分の好みに合わせてくれる女性に思いやりを感じる人もいます。


たとえば、デート中に「どこでご飯食べる?」という話題が出たとき、「○○くんの好きなカツ丼があるよ!ここにしよっか!」などと言ってみるといいかもしれません。


また、彼に苦手なものがあるなら、そっと避けたり教えてあげたりすると、男性はきめ細やかな思いやりにうれしくなり、あなたのそばにいたいと思うでしょう。


おわりに


男性も女性も、誰かに優しい思いやりを示すことはできます。


ただ、異性からの優しさ、女性らしい母性的な思いやりは、男性にとって特別なもの。


チャンスがあれば、ぜひ一言気遣ってみてください。ちょっとしたきっかけで、恋につながったり、愛を深めたりできるはずです!


(橘 遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ