SKE48、14日から劇場公演再開 配信限定、出演メンバー6人、6割程度で

SKE48、14日から劇場公演再開 配信限定、出演メンバー6人、6割程度で

 名古屋・栄を拠点に活動するアイドルグループ・SKE48が、14日からSKE48劇場公演を再開させることが明らかになった。新型コロナウイルス感染拡大防止の対策を講じたうえで、配信限定公演を行う。



【動画】AKB48、103人が自宅から「365日の紙飛行機」合唱



 定員約300人の劇場公演再開にあたっては、7つの対策を発表した。



●出演メンバー・スタッフの検温の実施

●必要最小限のスタッフにて対応

●メンバーのメイクや着替え、スタッフの打ち合わせから配信に係る作業などは、それぞれ2メートル以上の距離を保つ

●劇場内すべてのドアを開放し換気を実施

●出演メンバーの人数を16名から6名に変更

●フォーメーションを見直し、最低1メートルの間隔の保持し、身体的接触を無くす

●劇場公演を縮小して実施。通常の6割程度の公演時間とする



 これらを厳守して公演を再開させるものの、「今後の県内の新型コロナウイルス感染者数の状況によっては本公演を再度中止する場合もございますこと、予めご了承ください」と理解を求めている。



 再開後初の公演は、チームS『重ねた足跡』。井上瑠夏、上村亜柚香、坂本真凛、杉山愛佳、仲村和泉、松本慈子の6人で行われる。DMM.com「SKE48 LIVE!! ON DEMAND」で有料配信され、単品販売550円(税込)。アーカイブ単品販売は画質別で550円~1100円(税込)。
カテゴリ