NGT48、ドラフト5巡目研究生・藤崎未夢が初センター 1年9ヶ月ぶり再起の新曲

NGT48、ドラフト5巡目研究生・藤崎未夢が初センター 1年9ヶ月ぶり再起の新曲

 新潟を拠点とするアイドルグループ・NGT48が11日、SHOWROOMでリモート配信を行い、1年9ヶ月ぶり通算5枚目シングル「シャーベットピンク」(7月22日発売)の選抜メンバーを発表。センターは、2018年1月に行われた『第3回AKB48グループドラフト会議』でNGT48チームNIIIから5巡目指名を受けた研究生・藤崎未夢(ふじさき・みゆ、19)が初選抜で抜てきされた。シングル表題曲で1期生以外がセンターを務めるのも初となる。



【フォトギャラリー】柏木由紀、9ヶ月ぶりNGT48“兼任”



 地元・新潟県新潟市出身の藤崎は「NGT48にとって新たな一歩を踏み出す1年9ヶ月ぶりのシングルで、初選抜、初センターを務めさせていただくことになりました。正直研究生の私がセンターをやっていいのかなと不安な気持ちもあります」と率直な胸中を告白。



 それでも「経験豊富な先輩の皆さんや研究生のみんなの力も借りながら、センターを任せていただいたことに感謝の気持ちと自信をもって精いっぱい頑張りたいと思います」と意気込み、「私自身、新潟県新潟市出身なので、生まれた時からたくさんお世話になっている新潟の皆様にも親しみをもっていただけるようなセンターを目指します」と言葉に力を込めた。



 選抜メンバーは1期生13人、研究生17人からなるメンバー総勢30人による“全員選抜”。30人が自宅からのリモート配信で一斉に画面に登場すると、キャプテンの角ゆりあは「今回の5枚目シングルは最初で最後の全員シングルとなります。より多くの方にお届けできるように頑張りますので応援よろしくお願いします」とあいさつした。



 今作は、運営会社がFloraとなり、ユニバーサルミュージック内のレーベル「EMI Records」に移籍してから第1弾のシングル。握手会に代わるシングル購入者特典イベント「オンラインおしゃべり会」の実施も決定した。
カテゴリ