新川優愛、とてつもなく“かわいそう”な役柄に挑戦「“影の部分”を出したいなと」

新川優愛、とてつもなく“かわいそう”な役柄に挑戦「“影の部分”を出したいなと」

 女優の新川優愛が、16日放送のカンテレ・フジテレビ系5週連続特別ドラマ『探偵・由利麟太郎』(毎週火曜 後9:00)第1話『花髑髏』に出演する。謎に包まれた遺伝子研究者・日下瑛造(中村育二)の養女で、イラストレーターの日下瑠璃子として「とてつもなく“かわいそう”」なキャラクターに挑んだ新川から、撮影後のインタビューコメントが到着した。



【写真】悲しげな表情を浮かべる新川優愛



 ミステリー作家・横溝正史が「金田一耕助」よりも前に生み出していた伝説の名探偵・由利麟太郎を初めて連ドラ化。京都を舞台に、冷静沈着な白髪の紳士・由利麟太郎(吉川晃司)が、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助(志尊淳)とともに、数々の奇怪な難事件に挑むホラーミステリー。



 ある日、由利の元に殺人を予告する“挑戦状”が届き、助手の三津木とともに、指定された場所へ向かうと、全身を縛られ、血を流した状態で冷凍庫に閉じ込められていた瑠璃子を発見する。瑠璃子は一命をとりとめたが、一方で養父・瑛造が自身の研究室で、胸に短刀を突き立てられ、何者かに殺害されていた。由利は、遺体の傍らに不気味に置かれた、血で真っ赤に染まった頭蓋骨(ドクロ)が気になり…というストーリー。



 瑠璃子、養父の瑛造のほか、瑠璃子を女性として愛する血のつながらない兄、瑛一(長田成哉)も登場し、複雑な家族関係が描かれる。家族愛や兄弟の絆、さまざまな愛の形が絡み合い、一筋縄ではいかない物語。運命に翻弄される美しき養女・瑠璃子には、つらく、重い展開が待ち受けており、欲望に満ちた人間のドロドロとした感情が描かれ後味の悪いミステリー、いわゆる“イヤミス”要素もある第1話となっている。



 台本を読み、新川は「すごく重いお話だなと思いました。単なるサスペンスではないというか、殺人があって、事件があってというドラマの中でも、登場人物の過去や抱えている事情、さまざまな要素が絡んで、重たいお話だなと思ったのと同時に、こういった複雑な重さのあるお話は、経験させていただく機会が少なかったので、その意味では、楽しみだなと思いました」と、これまでにないテイストの作品に奮起。



 そんな“とてつもなくかわいそう”な瑠璃子役には「とにかく周りがひどいので(笑)。瑠璃子の役は、幼少時代、少女時代、私と、三人いるんですが、みんなそれぞれかわいそうで(笑)。撮影の合間に、それぞれの瑠璃子さんと『大変だね…』、『かわいそうだよね』って話しましたね」と思わず同情してしまったそう。「いろいろと背負っているものがある女性です。感情を出しても、無駄だと思っている、どこか人生を諦めているような…そういった“影の部分”を出したいなと思いました」とこだわった部分にも注目だ。



 「世界観がおもしろくて、独特だなと思います。横溝作品の独特さに、吉川さんが、どんなお芝居をされるのかなというのを楽しみに現場に入りました。最初は緊張もしていましたけど、『あ、こんな風に由利麟太郎を演じられるんだ…』と、そういった部分も楽しみながらの現場でした」と重い作風でありながらも撮影を満喫。



 「吉川さん、志尊さん、田辺(誠一)さん、お三方のバランスがすごくおもしろいなと思いました。みんな、全然タイプが違うんですけど、向いているところは同じで。何か惹かれあうものがお三方にあるなと思いました。見ていると、笑っちゃいけないんですけど、リハーサルでは吹いてしまったり(笑)。三人そろうとなんだか、チグハグなんだけれども、チグハグのまんま、なんだかんだハマっていくお三方が、とてもおもしろいなと思いました」とその絶妙なバランスにすっかり虜になっていた。
カテゴリ