ドラマ『ギルティ』2ヶ月ぶり放送再開 25日に第4話 新川優愛「ドロキュンをお届けします」

ドラマ『ギルティ』2ヶ月ぶり放送再開 25日に第4話 新川優愛「ドロキュンをお届けします」

 新型コロナウイルスの影響で4月16日(第3話)を最後に放送休止となっていた、女優の新川優愛が主演する読売テレビ・日本テレビ系プラチナイト木曜ドラマF『ギルティ~この恋は罪ですか?~』(毎週木曜 後11:59)が、2ヶ月ぶりに6月25日から放送再開することが発表された。感染防止対策を十分に講じた上でドラマの撮影が再開され、第4話から放送する。



【写真】新川優愛の制服ショット



 同ドラマは、累計発行部数150万部を突破した人気コミック『ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~』を実写化。身近な人々から数々の裏切りにあって幸せを奪われ、許されない純愛に揺れるヒロイン・爽を取り巻くドロドロの人間関係とキュンキュンする恋愛模様が交錯するラブストーリー。



 第4話は、瑠衣(中村ゆりか)から「一真に子供がいる」と衝撃の事実を告げられた爽(新川優愛)が、親友の若菜(筧美和子)にその事を相談するが、実は若菜も爽の結婚式当日に優希(大西礼芳)からその話を聞いていたと打ち明けられる。そして、爽は若菜が6年もの間、重大な秘密を知りながら黙っていたことにショックを受ける。親しくしていた人達のさらなる裏切りの連鎖に追い詰められ、爽の中で救いを求めるように秋山への思いも溢れ出していく…ますます「激しく」「切なく」なる展開が見どころになる。



 また、第4話から、追加キャストとして、弥生役・智順(ちすん)の出演が決定し、荻野爽(新川)の夫・一真(小池徹平)の過去の重要な秘密に関わる女性として登場する。



 新川は休止期間中「家の掃除をしたり、普段はなかなか出来なかったお菓子作りをしていました」とし、撮影・放送再開について「すなおにうれしい気持ちでいっぱいです。しかし、緊急事態宣言が解除されたとはいえ、気を緩めずにスタッフ、出演者一同、出来る限りの対応をしながら、再開するからには楽しい撮影現場にしたいと思います」と意気込み。



 放送再開を楽しみにしていた視聴者へ「私自身、仕事関係者の方や地元の友達を含め、沢山の方から『ギルティ面白い!続き楽しみにしてる!』と連絡をいただきました。すごくうれしかったです。お家で充電した分に、そんな嬉しい気持ちをプラスして、4話からさらにパワーアップするドロキュンをお届けします」と伝えた。
カテゴリ