TVアニメ『 LISTENERS リスナーズ 』第9話「フリーダム」FREEDOM【感想コラム】

TVアニメ『 LISTENERS リスナーズ 』第9話「フリーダム」FREEDOM【感想コラム】

ジミの再来に喜ぶ人々…雪がふる夜。ついにエコヲとニルが再会を果たす…

互いに憎しみと後悔を背負い、ミュウと戦う!


やぁ人間諸君…絶望に”愛と希望を与える”ラストショー!「セカンド・カミング」に集え!


■TVアニメ『 LISTENERS リスナーズ 』第9話「フリーダム」FREEDOMあらすじ

画像引用元: ©1st PLACE・スロウカーブ・Story Riders/LISTENERS製作委員会
人類の希望となった「デュエルショウマン」名立たる祈手たちもロンディニウムの街へ


エコヲが夢にまでみた光景が広がっていた。しかし、彼の心は今にも壊れそう…そんな時


ニルと再び出会う。家族を失いった怒りはおさまらない。ミュウは人間か…ミミナシか…


■愛はすべてを支配する!

TVアニメ『 LISTENERS リスナーズ 』第9話「フリーダム」FREEDOM【感想コラム】画像引用元: ©1st PLACE・スロウカーブ・Story Riders/LISTENERS製作委員会
「再び、目覚めたデュエルショウマンの祈手が…私たちの魂を救ってくれる」


計画は「セカンド・カミング」を名のもとに、ミミナシから解放・自由を求め立ち上がる!


街には祈手が集まり、下を向いて歩くエコヲ。その頃トミーはエース元帥と語り合っていた


「10年前のジミは、土壇場で我々を…人類を裏切ったのだぞ」


「これは愛の支配ですよ。未来に絶望してきた世代に、愛と希望を与える!」


エース元帥に何を言われても、もはやトミーの決意は揺らぐことはない。


鏡だらけの世界でミュウはジミと会話を交わす。でも大事な事は何も分からずにいた…


■失われた10年を取り戻す!

TVアニメ『 LISTENERS リスナーズ 』第9話「フリーダム」FREEDOM【感想コラム】画像引用元: ©1st PLACE・スロウカーブ・Story Riders/LISTENERS製作委員会
ノイバウテン三姉妹と手を組んでいたトミーだが…「ダダの因子覚醒」で用済みだと話す


「トミー、ひとつだけいいかしら?…混沌は自我をむしばむ」


そう忠告するアイン。しかし、刻一刻と時を刻んでいき、トミーは宣言する!


「10年の時を経いて再び!プロジェクト・フリーダムを開催する!」


「我々は愛という名の下に再び立ち上がる。自由を我らに!セカンド・カミング!」


雪降る”友達”のニルと再会するが…ミュウが操られてしまった経緯、ライド達の別れを話す


「ジミがミミナシなら、妹のミュウもミミナシだ。僕の家族を奪った敵だ」


ミュウを殺すというニルと目覚めさせたいエコヲは共に行動する。


■意思を受け継ぎ、自我なき野望

TVアニメ『 LISTENERS リスナーズ 』第9話「フリーダム」FREEDOM【感想コラム】画像引用元: ©1st PLACE・スロウカーブ・Story Riders/LISTENERS製作委員会
ミミナシ掃討だけでなく、ティーン・スピリットと同じ効果を持つ薬をばら撒いて…


「ロンディニウムによる覇権それが元帥の悲願です。自我の枠を越えて人々がつながる」


エース元帥の意思を成就させるというトミー。ついにエースを殺し「私の自我はない」と


ミュウの元へなんとかたどり着いたエコヲ。「ミュウがジミの後を継ぐ」トミーの思惑に


「いろんな人に会って分かったんです。本当の敵はミミナシじゃないって!」


「ミュウ!伝えたいことがあるんだ!君が」


と言いかけた時…イクイップメントに乗ったニルがミュウと戦いを始めてしまう。


「俺たちは皆、愛するものを燃やす…燃やすのは生贄だ」


しかし、ミュウには到底敵わず。ニルはエコヲを庇いタワーから落ちていき、エコヲもこの街を離れた。


TVアニメ『 LISTENERS リスナーズ 』第9話「フリーダム」FREEDOM【感想コラム】画像引用元: ©1st PLACE・スロウカーブ・Story Riders/LISTENERS製作委員会
■「ミュウ」という名前も届かず、お前は祈手じゃない!

TVアニメ『 LISTENERS リスナーズ 』第9話「フリーダム」FREEDOM【感想コラム】画像引用元: ©1st PLACE・スロウカーブ・Story Riders/LISTENERS製作委員会
随分、前からトミーは秘密裏にこの計画を押し進めていたようです。


集まった人たちに、薬物を撒き散らす…恐ろしいことだと分かっていても誰も止める者がいないなんて、結構ヤバいですね。


エース元帥もキッドやリビン達と何やら密約…いったい何を話したのでしょう?

10年前はともかく、ミュウはジミではない!真っ当な人死んでしまうのは辛いです。


ニルはライド達を失ってミュウに対する殺意は本物。このセリフかなりジーンときました。


「思いはきっと叶う…でも、叶ったことで幸せになるとはかぎらない」


人類の敵であるミミナシを殲滅しなくては”自由に安心して暮らせる未来はない” 

ジミーに会えた、ミュウが目を覚ましたとして、ミミナシである2人をどうするのか?


一緒に旅を続けてきたエコヲの助けたいって、気持ちも分かるだけに難しい選択です。


でも彼は言った…「本当の敵はミミナシじゃない」っとその想いが通じてくれると信じています!


ミュウも失い、自分の言葉すら届かない。傷ついた心の行き着く先は…!?


最後に一言だけ…

見損なったぞ…マーシャル、手のひらクルックルで掴みどころがない人だ…


 


LISTENERS リスナーズ アニメ情報





(あにぶ編集部/あそしえいつ)
カテゴリ