TVアニメ『 LISTENERS リスナーズ 』第10話「クロスロード・ブルース」Cross Road Blues【感想コラム】

TVアニメ『 LISTENERS リスナーズ 』第10話「クロスロード・ブルース」Cross Road Blues【感想コラム】

エコヲは「ミュウ」と出会った時のようにゴミ山で寝ていた。傷ついた心を癒してくれる…

ゆったりスローライフ、ジャニスとロバートの優しさ。まるで夢のようだ。


そして、掻き鳴らす轟音を世界に名を示せ!!我こそ「LISTENERS リスナーズ」


■TVアニメ『 LISTENERS リスナーズ 』第10話「クロスロード・ブルース」Cross Road Bluesあらすじ

画像引用元: ©1st PLACE・スロウカーブ・Story Riders/LISTENERS製作委員会
エコヲの旅は煮え切らないままで終わった…。食べる、寝る、働く。少しだけ休憩する


しかし、クロスロードはこの世と繋がり、紡がれ交差する過去と現在を映し出す。エコヲは、


自分の意思を示す!「オリジン」願いと災厄はどちらも叶えてしまう。ジミはここにいた…


■複雑な心、単純な幸せ

TVアニメ『 LISTENERS リスナーズ 』第10話「クロスロード・ブルース」Cross Road Blues【感想コラム】画像引用元: ©1st PLACE・スロウカーブ・Story Riders/LISTENERS製作委員会
「初めまして、私はジャニス。あなたは誰?」


親切にしてくれる彼女に旅の思い出を語るエコヲ。でも、時よりミュウの事を思い出して…


「お前は祈手じゃない」という言葉がフラッシュバックしてしまう。エコヲはその気持ちを


「必要に選ばれなかったものは、大事なモノじゃないのかな?」と話していた


ある夜、祖父の「ロバート」と牛の出産に立ち会い、ロバートはこんなことを話す。


「生きるのも死ぬのも紙一重だ。道は一つしかない一度産まれたら死ぬまで生きるだけさ」


みんな同じ…死んだら泣いて…自分が生まれた意味を探し出すエコヲ…


■原点に繋がるクロスロード

TVアニメ『 LISTENERS リスナーズ 』第10話「クロスロード・ブルース」Cross Road Blues【感想コラム】画像引用元: ©1st PLACE・スロウカーブ・Story Riders/LISTENERS製作委員会
やっぱりあなたもお兄ちゃんと同じなんだね…。あなたはクロスロードに試される


嘘と真実、過去と未来、人とミミナシ。その中心にある不思議なレコードプレーヤー


「オリジン」は祈手の始祖。エコヲにこう問いかけたロバート。


「お前は神様になりたいか…?それとも悪魔に魂を売るか…?」


オリジンは選んだ者に力を与える…エコヲはこう答える。


「僕はきっと何物にもなれません。だた生きて…ただ悩むだけの人間です…」


古より続くオリジンの記録をエコヲに見せる。それは人間とミミナシの関係。


ミミナシの暴走にだた祈る人々、オリジンの光はイクイップメントのコア生み出す。


しかし、同時に怒りや憎しみの感情はミミナシの更に狂暴化を招いた…。そして、


「神様にも悪魔にもなれなくったっていい。もう一度、あの子に会いたい!」


エコヲの意思が祈手へ覚醒させる!


だが…ジャニスとロバートはレコーダーの記憶だった…。ジャニスはエコヲに


「聴かせて!あなたにしかできない“唄”を」と伝え…まるで夢のように消えてゆく。


TVアニメ『 LISTENERS リスナーズ 』第10話「クロスロード・ブルース」Cross Road Blues【感想コラム】画像引用元: ©1st PLACE・スロウカーブ・Story Riders/LISTENERS製作委員会
■LISTENERS リスナーズ

TVアニメ『 LISTENERS リスナーズ 』第10話「クロスロード・ブルース」Cross Road Blues【感想コラム】画像引用元: ©1st PLACE・スロウカーブ・Story Riders/LISTENERS製作委員会
「始めようセカンド・カミングを!ジミ、正統な後継者よ」


「哀れな殉教者ども。…私はお前たちが崇めるジミでも…その魂を受け継いだ妹でもない」


トミーの野望を真っ向から否定するミュウ。彼女は自らの正体を宣言する!


「ミミナシの王 LISTENERS」


大量のミミナシ流れ込みパニックになる中、トミーがミュウに立ち向かうのだが…


「世界に溢れる音をすべて飲み込みたい」


願望を口にした瞬間…イクイップメントもろとも闇に飲み込まれ死んでしまった。


「7日後、私は再びこの地に降り立つ!」と言い残しミュウは消えた…


■ジャニスが妹だったんだ…ジミとエコヲは似た者同士

TVアニメ『 LISTENERS リスナーズ 』第10話「クロスロード・ブルース」Cross Road Blues【感想コラム】画像引用元: ©1st PLACE・スロウカーブ・Story Riders/LISTENERS製作委員会
ゴミ山で目を覚ますエコヲを見た時、ミュウとの出会いを思い出して懐かしくなりました。しかし、もうあの頃とは状況が全然違いますね。


ミュウは、記憶喪失の少女→ ジミの妹→ ミミナシの王リスナーズ。っとなってしまった。

エコヲも、イクイップメント好きの少年→ 祈手。2人の関係は相棒から敵同士に。


人間が抱える醜い願望を聞き出し、存在ごと消し去ってしまう。あれほど…凶悪な力に対抗できるの?って感じですが…


ジミの妹であるジャニスがエコヲに伝えた言葉…すごくいい事言いますね!


「誰にでも出来る事をあなたがやるの。そしたら、きっとあなたにしかできない事になる」


多くの人々はジミを英雄だ!と言う。しかし、プロジェクトに関わった者は裏切り者だと…

でも、ジャニスとってはジミは普通の人間…エコヲとよく似ってる。


ジミに強い憧れを抱いて、旅を続けてきたエコヲ。今度は彼が人々に想いを貫き感動を与え時かもしれません!かつてのジミのように…


最後に一言だけ!

ロバートの哲学的な問いかけめっちゃ好き!とても考えさせられた深みのある回でした!


 


LISTENERS リスナーズ アニメ情報





(あにぶ編集部/あそしえいつ)
カテゴリ