『MUSIC FAIR』で服部克久さんを追悼特集 沢田研二らアーティスト歌唱映像も放送

『MUSIC FAIR』で服部克久さんを追悼特集 沢田研二らアーティスト歌唱映像も放送

 20日放送のフジテレビ系音楽番組『SHIONOGI MUSIC FAIR』(毎週土曜 後6:00)では、11日に逝去した音楽家・服部克久さんの数々の映像を紹介する『追悼 服部克久特集』を送る。番組開始当初からチーフアレンジャー・音楽監修として長きにわたり尽力してきた服部さんを懐かしむトークと同時に、これまで番組に出演してきたご本人、そして希代の作曲家として知られる偉大な父・服部良一さんや息子で同じく音楽家の服部隆之氏ら家族との貴重な映像などを番組MCの仲間由紀恵、軽部真一と共に振り返っていく。



服部克久さんのプロフィール



 番組冒頭では、まず服部さんのピアノとアレンジで代表曲の一つ、『時の過ぎゆくままに』を歌う沢田研二の映像が映し出される。続いて、誰もが一度は耳にしたことがある定番のクラシック音楽を、現代のポップスと融合させることを得意としてきた服部さんならではの、J.S.バッハの「メヌエット」と、ザ・トイズの「A LOVER’S CONCERTO」を融合させた楽曲を送る。



 そして森山良子・平原綾香が歌った2004年11月27日の映像や、グスターヴ・ホルストの組曲『惑星』より「Jupiter」とTHE ALFEEの代表作「星空のディスタンス」を融合させた服部さんの番組最後の出演となった2014年8月9日の映像など、貴重な映像の数々が登場する予定。



 後半では、永遠の歌姫・美空ひばりが歌う「MY WAY」や服部さんの父親の良一さんが作曲した「銀座カンカン娘」を服部さんのアレンジで中尾ミエ・岩崎宏美ペアが歌う様子、同じく良一さんの作曲した名曲「東京ブギウギを」を、今度は服部さんの息子・隆之氏がアレンジし、福山雅治が歌うなど、服部家ならではの親子共演の様子なども放送される。



 番組の最後は、1997年4月13日に放送された、服部さんが作曲した代表作「自由の大地」を自身のピアノとフルオーケストラで演奏したシーンで締めくくる。前半までのもの悲しい中にも力強さのある心を揺さぶられるメロディーから、ガラッとかわる転調後の雄大かつ晴れやかな美しい名曲で、あらためて故人を偲ぶ。
カテゴリ