世界初の「仮面ライダー」公式グッズショップ 東京駅一番街に7・1オープン

世界初の「仮面ライダー」公式グッズショップ 東京駅一番街に7・1オープン

 1971(昭和46)年の放送開始以降、昭和・平成・令和と時代を越え、子どもたちが憧れる、日本を代表するヒーローとして親しまれている「仮面ライダー」。このたび、仮面ライダーシリーズを全国に、そして世界に発信する“グッズの秘密基地”「KAMEN RIDER STORE(仮面ライダーストア)」の第1号店が、7月1日に東京駅一番街 東京キャラクターストリートにオープンすることになった。



【写真】仮面ライダーストア東京オリジナル商品



 「仮面ライダー」のテレビシリーズを視聴し、変身ベルトをはじめとする「仮面ライダー」の玩具で遊んで育った子どもたちは、昭和・平成・令和の世代にまで拡大。主人公が身につける変身ベルトは、発売後即時に売り切れることもある人気玩具として、主に子ども向けに展開されてきたが、近年は最新の技術と造型手法を用いてハイクオリティで再現した大人向け変身ベルトシリーズ“ COMPLETE SELECTION MODIFICATION(コンプリート・セレクション・モディフィケーション、以下、 CSM)を発売し、3万円を超える商品が予約開始後、即日完売するなど、大人からの支持も広がっている。



 そんな子どもから大人までも魅了する仮面ライダーグッズが一堂に集まる専門ショップはファンの求心力の源となること間違いなし。第1号店「KAMEN RIDER STORE TOKYO(仮面ライダーストア東京)」の壁面のデジタルサイネージには、昭和・平成・令和の歴代36人の仮面ライダーが次々に出現。オープン時には、現在 、テレビ朝日系で放送中の『仮面ライダーゼロワン』が入口に展示され、仮面ライダーの世界観を味わいなが買い物を楽しむことができる。仮面ライダーの持つ「力強さ」や「勇気」を、ストアを通じて発信し、元気や笑顔を届ける場所にしていく。



 品揃えとしては、『仮面ライダーゼロワン』と、そのキャストのオリジナルデザイングッズや、“東京駅”に構える店舗ならではのステーションキーホルダー、昭和・平成・令和それぞれの時代を代表する「仮面ライダー1号」「仮面ライダークウガ」「仮面ライダーゼロワン」をデザインした限定のお菓子、3世代で楽しめるアパレルなど、お土産にも最適なグッズも多数販売。



 以降、従来の仮面ライダーのグッズのイメージを覆すような、“スタイリッシュ や“キュート”をコンセプトにデザインしたグッズも続々ラインアップしていく計画があり、新商品の追加や展示企画などさまざまな展開を、年間を通じて行っていく、としている。



 なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、 オープンから当面の間は「事前予約申込制(抽選)とする。事前予約チケットがないと入店できないので、まずは、事前予約の申し込みから。初回7月1日~7月10日の期間の入店申し込み受付は、6月23日正午より開始。



■事前予約 申し込みページ

http://t.livepocket.jp/t/a8bla



■仮面ライダーストア公式 サイト

https://www.kamen rider official.com/official_shop/
カテゴリ