同じじゃダメ…「20代男子」と「30代男子」への攻め方の違い

同じじゃダメ…「20代男子」と「30代男子」への攻め方の違い

好きになった相手が何もアプローチしてこないようなら、自分から攻めなくてはなりません。


そのとき、相手の年齢というのは重要。それによって、対処法を変える必要があるからです。では、「20代男子と30代男子への攻め方の違い」とは?



“清楚”や“おしとやか”を意識


20代の男性に好きなタレントなどを尋ねると、“容姿”を重視した回答が多くあがります。それに比べて、30代男性は「家庭的」や「癒し系」といった回答が多くなります。


30代になると、見た目へのこだわりが薄れてくるんですね。そのなかでも、“清楚”や“おしとやか”というのは、世代を問わず女性対して求めている人気の要素になります。


だとするならば、男性を誘う際も、ただひたすら連絡をしてガツガツ誘うのではなく、ちょっと待つことも大事。相手から誘ってくるのを待つ……ぐらいの余裕が必要でしょうね。


“上品なお店”を選んで


20代から30代になれば、収入もだいぶ変わってきます。30代になると、お金に余裕ができてきます。


20代の男性を食事に誘うのであれば、安くて量もあるようなお店が喜ばれるでしょう。それが30代男性であれば、雰囲気を重視するようになってきます。多少値段が高くなっても、落ち着いていて、上品なお店を選ぶほうが喜ばれます。


そういったお店を指定することで、センスの良さもアピールできます。


“ペット好き”よりも“子ども好き”


子ども好きや、動物好きといった女性は、優しいイメージがあって、男性からも好印象です。ペットを飼っている女性が、ペットと一緒に撮った写真なんかを見ると、とても可愛いと思います。


ですが、30代になると結婚を意識するようになり、動物好きよりも、子ども好きのほうに興味の対象としての比重が傾いてきます。


なので、子ども好きをより強くアピールするほうがいいでしょう。すると、家庭を守ってくれるような印象も受けるので、結婚をより強く意識するようなります。


“最近の話題”に注意して


“最近の話題”に注意して


以前、ある女性に聞いた話です。気になる男性がいて、食べたいものの話になったとき、「タピオカ屋さんに行きたい」と誘ったらしいんです。


すると、男性はタピオカが流行っているということをまったく知らず、話がまったく噛み合わなくなったそう。その男性というのが30代で、流行にまったく疎くなっていたようです。


男性としては、流行についていけてないということは感じたくはないでしょう。それを指摘されたら、プライドも傷付きます。女性に対する印象も悪くなってしまいます。


そういうところから、30代男性にアプローチする際は、“最近の話題”には注意すべきと言えるでしょう。


おわりに


すべての男性に共通するアプローチ法というものは、おそらくありません。人によって、変えていくべき。


特に、20代と30代とでは大きな違いがあるので、年齢を考慮しつつ冷静に攻めていってください。


(大木アンヌ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ