「GA 芸術科アートデザインクラス」の個性的なアート好き女子たちは、絵よりお喋りが大好き!

「GA 芸術科アートデザインクラス」の個性的なアート好き女子たちは、絵よりお喋りが大好き!

2009年7月から9月まで放送されていたテレビアニメ「GA 芸術科アートデザインクラス」より彩井高校の美術専攻クラス「芸術科Aクラス (GA)」に在籍する個性豊かな1年生の中から賑やかな友人たちに振り回されている山口如月、マイペースな優等生の大道雅、トラブルメーカーの野田ミキの3人について紹介していこうと思います。


如月たちア―トデザインクラスの生徒たちは、授業科目の半分が美術・デザイン関係の内容で絵画の知識を深めていく中で、遊びや他愛もない会話を通して互いの絆も深めようと頑張っています。


画像引用元:(C)きゆづきさとこ・芳文社/GA製作委員会
■地味で天然だけどすごく一生懸命・山口如月

少しずれた大きな眼鏡と、後ろで若干低めにまとめた髪がトレードマークの真面目ちゃん。愛称は「如月」、誰に対してもですます調で話す。ほんわかとした優しい性格で、美術の課題では淡色系の色使いや柔らかな描き方を好む。また可愛いものに目がなく、それが課題の提出内容に反映されたことも。


真面目で、作業的な事が得意なので努力で解決できることなら一生懸命に取り組むが、ファッションデザインなどを理解するようなセンスには欠けている。時には努力では解決できない事に対し、頑張っても成果を出せない悔しさを周りに打ち明ける。入学前はデッサンが苦手で入学は難しいと言われていたが、一晩で20本の鉛筆を使い潰すほどの練習をし、見事合格する。


極めて視力が悪く、メガネを外すと風景がぼやけたように見えてしまう。また、人間などの個体識別が全くできなくなり、鼻先に近づいても声を聞かないとわからないほど。でもこの状態で課題を制作すると、教諭たちからの評価が極めて高い良い作品が完成する。


3年生の卒業式の日に自分の意志で美術部に入部し、部長として美術部を引き継ぐ。

 

‘如月’って名字でよく使われているイメージが強かったので珍しいなと思いましたが、綺麗な響きのいい名前ですね


■寡黙なフシギ優等生・大道雅

腰まで伸びた結んでもゴムがすぐ落ちてしまうほどサラサラな髪が特徴のミステリアスな雰囲気の美少女。


愛称は「キョージュ」で、彼女の態度が落ち着いていることに由来する。友達付き合いもよく、よく周りから頼られている。しかしその体質や行動には謎が多く、動物とコミュニケーションがとれたり、霊やおばけなど他の人には見えないものが見えたりといった不思議な特技を持つ。


黒が好きで、時々黒に対する特別なこだわりを見せる。まだ会ったことのない婚約者がいる。



黒が好きで霊が見えるなら、サイコパスな内容の授業がもしあったら得意かもしれないですね。


■おしゃれでお祭り好きなムードメーカー・野田ミキ

身長141cmと小柄で子供っぽいいたずら好きなトラブルメーカー、愛称は「ノダ」あるいは「姫」。ファッションに詳しくおしゃれ好きであり、お菓子作りも得意。


課題では純色の黄色や紫を好んで使用する。インスピレーション派の天才肌で、如月とは対照的に才能もあるが気分屋。いつも課題の提出は早いものの飽きっぽい性格で、集中力を伴う作業は苦手。「色を混ぜるのが好き」と公言しているが決して上手なわけではない。「マシマロ」という名前の白い猫を飼っている。


ファッションと料理が好きなところはすごく‘姫’って印象が合っている気がしますが、お祭り好きなのはギャップがあり面白いですね!


■授業も遊びも仲間がいるから楽しい!

「GA 芸術科アートデザインクラス」の個性的なアート好き女子たちは絵よりお喋りが大好き!画像引用元:(C)きゆづきさとこ・芳文社/GA製作委員会
絵を描くって個人個人で向き合ってやらなければいけない作業なので、Aクラスのように仲間がいると飽きっぽかったり集中力がなくなりそうになっても声を掛け合って続けられそうだなと思いました。


仲間がいることは、物事を楽しむためのひとつのきっかけになりますよね!


文章:あそしえいつ T.A


 


「電波女と青春男」青春に憧れる青年と自称宇宙人の生活は不思議だらけ





(あにぶ編集部/あそしえいつ)
カテゴリ