まるで果物を丸ごとかじっているような贅沢感…♡スムージー専門店“ドリンクドランク”の新店舗が京都に誕生


DRINK DRANK(ドリンクドランク)は、スムージー専門家の平野奈津さんが新しい果物の楽しみ方を提案する本格スムージー専門店。



果物の美味しさをぎゅっと詰め込んだ濃厚でリッチな味わいのスムージーを提供してきた、『奈良 三条本店』は今年6月に21周年を迎えました。



そしてついに、2号店目となる『京都 銀閣寺店』が7月23日(木)にグランドオープン。



京都市バス『銀閣寺道』下車徒歩5分、京都・銀閣寺へと続く参道沿いに誕生します。



スムージー専門店「ドリンクドランク」





「ドリンクドランク」では産地にこだわりを持って食材を丁寧に厳選。



「果物自身が胸を張って美味しさを主張」できるよう、その都度10g、10㏄単位で丁寧にレシピを調整しているそう。



ふんわりなめらか製法により完成するスムージーは、まるで果物を丸かじりしているかのような、今までにない贅沢感が味わえるのだとか♩



季節によって変わるメニューも魅力



また、季節により入荷する果物が変わっていくため、次々に新しいスムージーがお目見えするのも「ドリンクドランク」の魅力。





例えば、和歌山県のレモンが丸ごと2個入った「和歌山 レモン 紀州田村レモン」(630円)は爽やかな酸味が暑い時期にぴったり。





こちらの「奈良 いちご 古都華」(700円)には、いちごが約10個も使われているのだとか。





「京都 伏見甘長とうがらし&パイナップル」(600円)はとうがらしのピリリとくる辛味、パインの南国フルーツ特有の刺激が組み合わさり、不思議とクセになる味なのだそう。



爽やかな果物の香りに包まれる店内





オープンエアで開放的な雰囲気の京都 銀閣寺店は、常に入荷した果物をカットして仕込んでいるので爽やかな果物の香りでいっぱい。





テイクアウト専門のお店ですが、ちょっと座れるスペースとスタンディングテーブルも用意されているとのこと。



気候が良いときは店頭のテラス席でスムージーを楽しむことも。



「Makuake」にてプロジェクトを立ち上げ





ちなみに、「ドリンクドランク」では京都 銀閣寺店のオープンにあたり、アタラシイものや体験の購入サービス「Makuake」にてプロジェクトを立ち上げたそう。



プロジェクト実施期間は6月22日(月)~7月22日(水)とのこと。



気になる人はぜひこちらもチェックしてみてはいかがでしょう。




スムージー専門店DRINK DRANK(ドリンクドランク)京都 銀閣寺店

場所:京都府京都市左京区銀閣寺56-2 <京都市バス『銀閣寺道』下車徒歩5分>

定休日:不定休

HP:https://www.drinkdrank.com/

Makuake内 DRINK DRANKプロジェクトページ

https://bit.ly/315LoX4




※メニューは季節により変更されます。

※表示価格は全て税抜きです。



カテゴリ