付き合いが続くカップルと続かないカップルの違いって?

付き合いが続くカップルと続かないカップルの違いって?

念願の彼氏。でも、ひとりの人と長く付き合ったことがない。


そんな場合、新しい彼氏とちゃんと関係が続くのか不安に感じるのでは?


相手のことが好きであるほど、仲良くやっていきたい気持ちも強いと思います。


そこで今回は、不安材料を少しでも取り除くべく、付き合いが続くカップルと、続かないカップルの違いはどこにあるのか、考えてみました。



(1) 利害が一致している


付き合いが続くカップルほど、お互いが相手を必要としている関係になっていそうです。


たとえば、お互いに「結婚したい」と思っているとか。お互いに「相手がタイプだ」と思っているとか。


「相手の代わりはそうそういない」という、「この人じゃないと」という特別感が、お互いにとって確かにある。そうした関係は、長く続くカップルとして、結婚の話も進みやすいのではないでしょうか。


いい意味で、利害が一致しているといえるでしょう。


それこそ特殊な仕事で、相手も同じ特殊な仕事をしているとか。相手も同じ趣味をしていて、仲間を探していたとか。


お互いが「いいな」と思える出会いは、そうそうあるものではありません。むしろ、奇跡に近い確率といえるのでは?


そうした貴重な出会いほど、お互いに相手を離そうとは思わないため、付き合いは続く可能性が高いと思います。


(2)なんだかんだあっても大好きである


付き合っていればケンカもするでしょうし、思った付き合いができず、イヤになることもあるでしょう。


それでも、相手と別れずに付き合っているのは、相手に対する愛情が確かだからでは?


付き合いによっては、付き合った当初よりももっと好きになった。そんなカップルもいるかもしれませんね。


付き合う前は、お互いに相手のことがよくわからないもの。


付き合っていて、初めて相手の素顔を目の当たりにする人も多いと思います。


良くも悪くも相手のことを知っても、それでも付き合いが続くのは、好きの気持ちが確信に変わっているからでは?


やっぱりこんなに優しい人はいない。なんだかんだあっても、やっぱり好き。そうした思いが、ケンカをしても気持ちが踏みとどまる、ポイントになったりするのかもしれませんね。


おわりに


いかがでしたか。お互いに初めの印象がいいと、付き合いも長続きする傾向が強いかもしれません。


よく出会い頭や付き合い時、違和感があると、それがずっと続くといいます。


相手への悪い違和感が少なく、真面目に付き合える相手なら、付き合いは順調に進んでいくでしょう。


あまり気負わず、ゆっくりと相手と関係を図って、楽しく恋愛をすることも大事かもしれませんね。


(柚木深つばさ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ