浅田真央、感動の逆転優勝を支えた最愛の母との約束とは 9年前の大会を坂上忍が深堀り

浅田真央、感動の逆転優勝を支えた最愛の母との約束とは 9年前の大会を坂上忍が深堀り

 きょう25日放送のフジテレビ系『直撃!シンソウ坂上』(毎週木曜 後9:00)では、スポーツアスリートたちの大逆転ドラマを特集。記憶にも記録にも残るフィギュアスケーターとして、2017年に惜しまれつつ現役を引退した浅田真央を深堀りする。



【写真】浅田真央、ざっくり大胆衣装で「失恋したい」想いを表現



 浅田は5度目の優勝をかけて臨んだ11年の『全日本フィギュアスケート選手権』で、初日のショートプログラムは2位だったが、翌日のフリーでは会心の演技を披露し、見事に逆転優勝を果たした。



 しかし、浅田はこの大会のわずか2週間前、ジュニア時代から支え続けてきた最愛の母・匡子さんを亡くしていた。大会欠場もやむなしという声が上がる状況で、浅田はいかにして悲しみを乗り越え、栄冠を勝ち取ったのか。逆転の背景にあった、最愛の母とのある約束とは。



 番組では、2000年のシドニーオリンピックで、オール1本勝ちの末、金メダルを獲得した柔道・井上康生も登場。5歳から柔道を始めると、中学、高校、大学でタイトルを総なめし、シドニーでの金メダルは確実と期待されていた。順調そのもので充実した選手生活を過ごしていたが、1999年は、重要な大会で立て続けに優勝を逃してしまう。スランプに陥った井上に追い打ちを掛けるように、同年6月に母・かず子さんが、病で亡くなってしまう。そんな井上がスランプから脱し、金メダルを獲得することができた裏には何があったのか。



 スタジオゲストとして伊達みきお(サンドウィッチマン)、夏菜が出演する。
カテゴリ