デイヴィッド・リンチ監督が語る「エレファント・マンの始まり」

デイヴィッド・リンチ監督が語る「エレファント・マンの始まり」

 第53回米アカデミー賞にて、作品賞、主演男優賞、監督賞など主要8部門ノミネート、同年の英国アカデミー賞では作品賞と主演男優賞、製作デザイン賞を受賞した『エレファント・マン』(1980年)。この不朽の名作が本国公開から今年で40年を迎えるにあたり、デイヴィッド・リンチ監督自身の監修によりデジタルリマスター化が実現。このたび、『エレファント・マン』を製作するに至った、「エレファント・マンの始まり」を監督自ら語ったインタビュー映像が公開された。



【動画】デイヴィッド・リンチ監督 インタビュー映像



 本作は、19世紀のロンドンで”エレファント・マン“と呼ばれた実在の青年ジョゼフ・メリックの生涯と彼を取り巻く人々の交流を描いた感動作。長編映画デビュー作『イレイザーヘッド』(1977年)でカルト的な人気を得つつも、当時、33歳だった新鋭デイヴィッド・リンチ監督の名を一躍世界中に轟かせることとなった作品。日本では1981年5月に公開され、国内外合わせたその年の全公開作品の中でナンバーワンの配収を記録。社会現象とも言える一大ブームを巻き起こした。



 カルト的人気を集めたリンチの長編映画デビュー作『イレイザーヘッド』(1977年)の後、自作の脚本に着手していたが、資金繰りがうまくいかずに断念。自身が監督として活躍できる作品を探していたところに、映画プロデューサーであるスチュアート・コーンフェルドが推薦してきた4作の脚本のうち1作目が『エレファント・マン』だった。リンチは本作との運命的な出会いを振り返り「頭の中で小さな爆発が起こった気分だった。直感で”これだ!“とすぐにわかった」と、語っている。



 そして、本作ではノンクレジットであるが、製作総指揮を担当したコメディー俳優で名高いメル・ブルックスがリンチを監督に起用した裏側も明らかになった。当時リンチの存在を知らなかったブルックスは、『イレイザーヘッド』を見てから決断することを告げ、「僕は“終わった”と思った」と、リンチがその時の心境を語る場面も。その後ブルックスはリンチの作品をいたく気に入り、無事監督として『エレファント・マン』をスタートさせることとなった。



 幻想的な世界観はそのままに、より美しく蘇った『エレファント・マン 4K修復版』として、7月10日より、東京・新宿ピカデリーほか全国で”緊急“公開。鑑賞料金は1100円均一となっている。

カテゴリ