GENERATIONS『M』出演権をかけオーディション マサ役・三浦翔平が本気ドッキリでメンバー涙目

GENERATIONS『M』出演権をかけオーディション マサ役・三浦翔平が本気ドッキリでメンバー涙目

 ダンス&ボーカルグループ・GENERATIONS from EXILE TRIBEが、28日に放送されるABEMA『GENERATIONS高校TV』(毎週日曜 後9:00)にて、話題のドラマ『M 愛すべき人がいて』最終回への出演権をかけた特別オーディションに臨む。



【番組カット】『M』出演権をかけたオーディションに挑戦するGENERATIONS



『GENERATIONS高校TV』は、GENERATIONSが日本中の高校を訪問し学生たちを応援する青春バラエティー番組。メンバーが学生たちとリアルな学校生活を体験し、同番組でしか見ることができないメンバーの新たな魅力を堪能できる。



 番組冒頭、メンバーの小森隼から「ドラマ『M』の最終回を盛り上げるため、GENERATIONSの中から1人だけ特別出演の依頼があった」と知らされたメンバーたちは、思いがけない提案に「え、まじで!?」「出れるの?」と大興奮。その後、オーディション会場には『M』のプロデューサーを務める服部宣之氏や、アユのマネージャー“野島美香”役の河北麻友子、マサの後輩でありライバル“流川翔”役の白濱亜嵐がスタンバイした。



 今回メンバーたちの挑戦する役が“マサが行う新人発掘オーディションに来た参加者”だと発表されると、服部プロデューサーは「最終回でマサがピリつく大事なシーンなので真剣に選ぼうと思います」とオーディションへの期待を膨らませた。



 番組後半には、見事合格したメンバーが『M』の撮影に挑戦。“マサ”役・三浦翔平から「本気ドッキリ」が仕掛けられる一幕も。何も知らされていないメンバーは三浦の迫真演技で涙目状態。果たして、ドラマ『M』の出場権を勝ち取り、ドッキリを仕掛けられたメンバーは誰なのか。
カテゴリ