本命彼女として「愛される女子」が男性にしてること4つ

本命彼女として「愛される女子」が男性にしてること4つ

本命彼女として愛されるためには、彼から「他の誰よりも一番特別な女性」だと感じてもらう必要があるはず。


そのためには、ちょっとしたひと言や、気遣いなど、コミュニケーション上の積み重ねが大切です。


早速、愛され女子が、彼のためにどんな積み重ねをしているのかを見てみましょう!



何度も感謝の気持ちを伝える


誰かになにかをしてもらったとき、愛され女子は、相手に何度も「ありがとう」を伝えようとします。


たとえば、「そういえば、あのとき心配してくれたじゃない? あれ、すっごくうれしかったんだよ」など。


少し大げさかもしれませんが、一緒に過ごした時間や思い出に特別感を伝えられます。


女性から感謝の言葉を何度も言われたら、「変わらず大切にしよう」「○○もしてあげようかな」と感じて、男性は自分にできることをもっと増やそうとするでしょう。


気を利かせて「○○しない?」と提案


たとえば、彼が仕事で忙しいとき、気晴らしに出かけたり、疲れを癒やしたりしたいかもしれません。あるいは、行ってみたい場所や、やってみたい趣味などはないでしょうか?


そんなとき、彼の欲しいものや希望をしっかり覚えて、お楽しみとして提案できるなら、彼にとってはありがたい存在です。


彼が忙しそうなときは、気を利かせて「○○しない?」とLINEなどで声をかけてみてください。


そうすれば、どんなときでも、あなたの顔を思い浮かべてくれるようになるでしょう。


してほしくないことをハッキリ言う


好きな人の残念な表情は見たくないと思うと、相手の顔色をうかがってしまうものです。


でも、愛され女子になるためには、あなたのしてほしくないことをハッキリ彼に伝える必要があります。


疲れているときや忙しいときでも、あなたの希望がわかっていれば、彼は選択肢を絞りやすくなるため、デートプランを決めたり、話題を選んだりするのも、楽になるはずです。


彼から愛されたいなら、彼の心に余裕を持たせましょう。


「○○してくれたらうれしい!」と素直に伝えることができれば、きっと、どんなときでも愛し合えるカップルになれるはずです。


彼の意思を確認する


彼をよろこばせたいあまり、先走って彼の望んでいることとは、少しズレたことをしてしまうのも要注意。


行動する前に、「○○がいい?」「AとBならどっちが好き?」など、彼の意思を確認すれば、彼の期待どおりのことができるはずです。


彼のことをよく知れますし、彼が面倒くさいと思うことも避けられるでしょう。


彼にとって、一番身近に感じる本命彼女になるためにも、そういった気遣いを少しずつ積み重ねていくといいですね。


おわりに


愛されたいと思うあまり、自分勝手な行動をして逆に彼を困らせてしまった……というパターンはよくあること。


もっと彼から愛されたいなら、まずは彼のことを知り、そして自分のことも知ってもらうようなコミュニケーションを続けましょう。


綿密なコミュニケーションをとれば、ふたりの愛も育っていくはずです。


(橘 遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ