モテる年上女性と、おばさん認定される年上女性の差

モテる年上女性と、おばさん認定される年上女性の差

年齢を重ねることは必ずしも悪いことではありません。


大人の魅力をもった年上女性に憧れる男性も少なくありません。


しかし、残念ながらおばさん認定されてしまう女性も……。


魅力的な年上女性とおばさん、この違いは一体なんでしょうか?いくつかポイントをご紹介します。



知ったかぶり


「それ知ってるよ! いま流行ってるんでしょ?」など、「若い子の話についていける自分」アピールは、年下男性が引いてしまいやすい言動と言えます。


何気なく言ったつもりでも、必死さや知ったかぶりがおばさんに感じる……という男性も少なくありません。


ただ、必ずしも「話が通じない=おばさん」というわけではないのです。


知ったかぶりをせず、知らないことは知らないと言える素直さを持つ年上女性は男性からの印象も良く、「親しみやすい」という声も多いです。


若い世代に無理に合わせようとしない余裕が、大人の女性の余裕として魅力的に映るのかもしれませんね。


楽さや快適さを優先する


周囲の目よりも“楽さ”や“快適さ”を優先する姿は、おばさん認定されやすい傾向に。


モテる年上女性は、周りから見られていることを意識し、いつもおしゃれ心や品のある振る舞いを忘れません。


その姿に、キレイなお姉さんという憧れを持つ年下男性も多いはず。


必要以上に自分を飾る必要はありませんが、「ダサく見えないか」「清潔感はあるか」に注目していて損はありません。


「女を忘れている」「身だしなみに気を遣っていない」と思われないように気をつけることで、モテる年上女性に大きく近づけるはずです。


リードしようとしがち


強引な言動やお節介な態度におばさんっぽさを感じる男性は多いもの。


年下男性に対して「お姉さんだから」となにかとリードしようとするのは、おばさん認定されるだけではなく、うっとうしいなと思われてしまう可能性も……。


年上女性に甘えたいという願望があったとしても、男性は基本的に“男のプライド”から、女性をリードしたいと考えているはず。


年上だからと自分がリードしようと張り切らない女性、年齢に関係なく男性に主導権を譲る女性こそモテる要因と言えそうです。


価値観を押し付ける


アドバイスや助言は、場合によっては相手から大いに感謝されるもの。


でも、「絶対こうだから」「私の言うこと聞いておけば間違いないから」と自分の価値観を押し付ける発言やお説教は、煙たがられてしまう可能性大。


人それぞれ価値観は違いますし、あれこれ口出ししすぎると、口うるさいおばさんと思われてしまうかもしれません。


モテる年上女性は、相手の価値観に歩み寄るのが上手です。相手を理解したうえで、必要最小限の助言や応援の言葉を添えるのがちょうどいいでしょう。


おわりに


無理に若い人に合わせない、年齢を重ねた自分に自信を持つ、相手をコントロールしようとしないといった姿勢が、年下男性がつい甘えたくなる魅力につながるはず。


大人の余裕を大切にして、おばさんではなく魅力的な年上女性を目指していきましょう!


(白藤 やよ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ