E-girls・山口乃々華が初の歌唱挑戦 映画『私モテ』主題歌を劇中で披露

E-girls・山口乃々華が初の歌唱挑戦 映画『私モテ』主題歌を劇中で披露

 THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの吉野北人、E-girlsの山口乃々華、女優の富田望生が、映画『私がモテてどうすんだ』(7月10日公開)の主題歌を劇中で歌唱していることが、明らかになった。



【場面カット】NG連発で頭を抱える伊藤あさひ



 原作は『別冊フレンド』(講談社)で連載され「第40回講談社漫画賞」の少女部門を受賞。累計300万部を突破している人気少女漫画で、2016年にはテレビアニメ化もされた。サブカル系先輩・六見遊馬を吉野、スポーツ系同級生・五十嵐祐輔を神尾楓珠、チャラい系同級生・七島希を伊藤あさひ、ツンデレ系後輩・四ノ宮隼人を奥野が担当。ヒロイン・花依を山口と富田が二人一役で演じる。



 主題歌は、メンバー全員が『おはスタ』のおはガールとして活躍する9人組グループのGirls2(ガールズガールズ)が歌う映画タイトルと同じ「私がモテてどうすんだ」。吉野、山口、富田の3人は、それぞれ演じたキャラクターとして、劇中で同曲を披露する。



 吉野は「THE RAMPAGEのボーカルとして歌うときとは違うラブコメディのテイストを意識しました。演じた役の六見遊馬として歌っている設定でしたが、六見の性格では普段見せないような秘めた情熱と感情を込めて歌ったので、そのギャップもぜひ感じてもらえるとうれしいです」とアピール。



 E-girlsではパフォーマーとして活躍している山口は「歌唱するのは、初めてのチャレンジでした! 感情を乗せながら歌で表現することが難しかったのですが、歌うことは昔から好きだったので、うれしくもあり、楽しかったです」と笑顔。富田は「力強さも可愛らしさも兼ね備えた、ヒロイン花依ちゃんにぴったりの曲です」とアピールしている。
カテゴリ