長渕剛長女・文音、コメディーに初挑戦「女子が隠したい部分を全面に…」

長渕剛長女・文音、コメディーに初挑戦「女子が隠したい部分を全面に…」

 女優の文音、石田ニコル、真魚、永田琴監督が29日、都内で行われた映画『いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~』(7月31日公開)の完成披露記者会見に出席した。



【全身ショット】華やかな衣装で登場した文音



 鈴木由美子氏の同名漫画を実写化した同映画は、原作のバブル時代を現在に置き換え、恋愛・仕事・友情と山積みの問題を抱えるアラサー女子たちのリアルを描く。アパレルメーカーに勤める主人公・ユウコを文音、美人でスタイル抜群なセツコを石田、彼氏が変わるたびファッションも変わる依存型女子・エミを真魚が演じている。



 歌手・長渕剛、女優・志穂美悦子夫妻の長女である文音は、今作でコメディー作品に初挑戦。「コメディーは奥が深くて難しかった。監督がすごいパワフルな方なので熱量と気合い、それを意識しながら頑張って、日々、精一杯演じました」と振り返りながら「ものすごく変顔をしてるし、ほとんどノーメイク。女子が隠したい部分を全面に出したのは、初めての経験です」とアピールした。



 “変顔演技”については石田も「帰り道には『これを大画面でやるのか…。大丈夫かな?』って心配しちゃいました」と笑いながら回顧。恋愛体質の役どころを演じた真魚は「友達にいたら寂しいなと思うけど、それくらい自分の感性に従うのは、彼女のかわいい一面だなと思いました」と語った。



 また、質疑応答で「ステイホーム中に女子力を高める方法」を問われた文音は「自粛中はストレスが溜まっていく。その中でストレス発散には、やっぱり運動だなと。私はヨガをやってるので、それを本格的にやって、精神面も穏やかになりました」と笑顔。石田は「ひたすらパックや基礎化粧品を試していました」と答えていた。
カテゴリ