清原果耶、初主演映画の主題歌を担当 楽曲はCoccoがプロデュース

清原果耶、初主演映画の主題歌を担当 楽曲はCoccoがプロデュース

 女優・清原果耶が映画初主演を務める『宇宙でいちばんあかるい屋根』(9月4日公開)の主題歌が、Coccoのプロデュースした楽曲「今とあの頃の僕ら」に決まり、同曲を清原自身が歌唱することが1日、発表された。清原は「Coccoさんが声を掛けて下さって、身体中が温かい空気に包まれるような感覚になりました」とレコーディングを振り返った。



【動画】清原果耶が歌う主題歌も入った予告映像



 清原演じる物語の主人公・つばめは、実父と血のつながりのない母との間に子どもが産まれることで感じる疎外感、実母への思い、幼なじみへの恋心など複雑な感情を抱く女子中学生。ある日、ド派手な身なりで、キックボードに乗ったあやしい老婆“星ばあ”(桃井かおり)と出会ったつばめ。いつしか、2人はお互いの心のどこかに空いた穴を埋め合うように距離を縮めていく。恋に家族に悩みを抱えた14歳の女の子と星ばあによるひと夏の青春が紡がれる。



 主題歌発表にあわせて、楽曲が入った予告映像も解禁。「私は今のママが産んだ娘じゃない」とつばめが思い悩むシーンから始まるも、星ばあとの出会いで少しずつ笑顔を見せ始める。そして「私もちゃんと家族になれるかな」と、今の両親に赤ちゃんが誕生することに不安を打ち明けるつばめに「屋根の下でいろんな時間積み重ねて家族になるんだろ」と言葉をかける星ばあ。清原の伸びやかな歌声とともに、2人のひと夏の思いの様子が、映し出されている。



■コメント全文

・清原果耶

Coccoさんが書き下ろしてくださった

主題歌「今とあの頃の僕ら」を歌唱させて頂きました。

とても大切な作品に

広く深く染み渡るような楽曲。

こんなにも素敵な歌を

私が歌ってもよいのだろうか、と考えましたが

つばめを生きた自分だからこそ

届けられる何かが有れば嬉しいなと今は思っています。



レコーディングの際、緊張で固まる私に

「歌は手段だから」と

Coccoさんが声を掛けて下さって

身体中が温かい空気に包まれるような感覚になりました。

Coccoさんの真っ直ぐな目線の先で

「手段」の意味を探しながら

臨んだレコーディングは

何にも変え難い時間でした。

スタッフの皆さまにも支えて頂いて

無事に録り終えることができ、本当に感謝でいっぱいです。



つばめという1人の少女が

生きている“今”にも

この曲を通して少しだけ触れて頂けたら幸いです。



・Cocco

映画を見終わるとすぐにつばめちゃんの声が曲にのって聞こえてくるようでした。

私達は皆、傷付け傷付き、愛され愛を求め、そして愛を伝えていく生命活動を

懸命にくり返しながらそれぞれの人生を歩いていくのだというメッセージを、

清原果耶はその圧倒的な透明感をもって見事に歌い上げてくれました。

カテゴリ