LINEからみえる「付き合ったら面倒くさい」男性の特徴3つ

LINEからみえる「付き合ったら面倒くさい」男性の特徴3つ

交際前はLINEで距離を縮めることも多いですよね。でもいくら彼が気になっているとはいえ「あれ?」と思う返信もありませんか? 


その違和感は意外と当たっているかも。いざ交際しても、同じところで不安やストレスを感じるかもしれませんよ。


そこで今回は「LINEからみえる、付き合ったら面倒くさい男性の特徴」についてご紹介します。



「実際に会ってみないとわからないと思う」


「LINEやマッチングアプリで、やたら『会ってみないとわからない』って言う人がいるけれど、要は『美人じゃなきゃ無理』ってことでしょ? こういう人に限って『まだ会うのはちょっと……』と断ると、速攻ブロックしてくるんだよね」(28歳/サービス業)


特にコロナ禍だと、なかなか会うのって厳しいですよね。


それでもやたら「会ってみないと~」とそれっぽい持論を展開する男性は要注意。なんでも自分優先で、あなたの気持ちをくみ取ろうとしていない証拠でしょう。


それにこのセリフ、女性をジャッジする「上から目線感」が漂いませんか?そもそも相手に合わせるつもりがないので、交際しても何かと気を使いますよ。


「俺って○○って言われるんだよね」


「芸能人の話をしていても『俺って○○に似てるって言われる』と自分の話に持っていく男性がいました。最初は特に何とも思っていなかったけれど、だんだん違和感を覚えはじめて。同じことが度々続いたので、連絡をやめました」(21歳/大学生)


こちらはいわゆる会話ドロボータイプ。特に聞いてもいないのに「俺って○○って言われる」と、自分を全面に押し出す人は面倒くさいかもしれません。


「俺自身は自覚ないんだけど~」とアピールしつつも、内心「すごい」と言われたくて仕方ない“ズルいナルシスト”といえそう。


あまり鵜呑みにしないほうがいいですよ。


やたら「覚えていない」を乱用する


「普段は絵文字も使わないのに、深夜になったら突然下ネタっぽいLINEを送ってくる男性がいる。それでいて朝になったら『昨日は眠すぎてほぼ記憶がない』とか言ってくる。絶対確信犯!こういうタイプって、何かと人のせいにしてくるから面倒くさい」(26歳/公務員)


自分から踏み込んだLINEをしてきたのに、「眠くて」「酔っぱらっていて」と言い訳するのは卑怯ですよね。


だったらまだ「昨日は変なこと言っちゃってごめんね」としっかり謝れるほうが誠実だと思いませんか?


もし仮に浮気したとしても「酔っぱらっていて記憶がない」なんて嘘をつくかも……。


真正面からアプローチしてくれる男性と付き合ったほうが、不安も少ないですよ。


おわりに


LINEでもある程度の性格は見えてきます。


そのためあなたの気持ちお構いなしに、自分中心で暴走する男性には要注意。


実際に交際したら、彼のウソやご機嫌取りに振り回されるかもしれませんよ。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ