乃木坂46 4期生の掛橋沙耶香が初CM ボクシングに初挑戦「かっこよくパンチ」

乃木坂46 4期生の掛橋沙耶香が初CM ボクシングに初挑戦「かっこよくパンチ」

 乃木坂46の4期生・掛橋沙耶香(17)が、7月10日から岡山県・香川県内で放映を開始するSUENAGAグループの新TVCM「ジブンに挑戦する人」篇に出演する。2018年に乃木坂46に加わったばかりの掛橋だが、CMでは、いつものかわいらしさとは一味違う、ストイックなボクシングシーンを披露する。



【動画】乃木坂46 掛橋沙耶⾹、制服を脱ぎ捨てストイックにボクシング



 同CMの表現コンセプトは“ジブンに挑戦する人”。そのコンセプトが現在の掛橋のポジションと重なるため、同社のイメージキャラクターとして起用。新しい乃木坂46をつくっていくはじまりの年。その中で期待される4期生の掛橋が、自分に挑戦し、中心的な存在として新しいグルーブをつくっていく。その姿を、挑戦と変革で新しいグループをつくっていくSUENAGAグルーブのスタートと重ね合わせた。



 自身初のCM出演となる掛橋は「CMに出させていただいたことが無かったのと、岡山県民なら誰しもが知っているような有名なSUENAGAグループさんのCMということですごくびっくりしました。うれしかったです」と喜び「今回のCMの見所はやっぱりボクシングなんですけど、『ジブンに挑戦する人』というテーマだったり、今までとは全然違う一面を見せられるようにかっこよくパンチしました」とアピールしている。



■掛橋沙耶香インタビュー



――SUENAGAグループのCM出演が決まった時の気持ちを教えてください。

【掛橋】CMに出させていただいたことが無かったのと、岡山県民なら誰しもが知っているような有名なSUENAGAグループさんのCMということですごくびっくりしました。うれしかったです。



――今回のCMの見所を教えてください

【掛橋】今回のCMの見所はやっぱりボクシングなんですけど、「ジブンに挑戦する人」というテーマだったり、今までとは全然違う一面を見せられるようにかっこよくパンチしました。



――CM撮影で苦労した点や工夫した点があれば教えてください。

【掛橋】苦労した点は、体力が無さすぎるのでパンチするとき手が痛いなと思ったりしました。

工夫した点は、空手を6年間やっていたので活かせたらいいなと思って(その時の)気持ちを思い出しながら体を捻ったりとかしました。(空手を経験していたことで)リーチを長くするために半身になったりとか、そういうところは活かせました。



――今ストイックに打ち込んでいるものや、はまっていることはありますか?

【掛橋】今はギターの練習にはまっていて中学生の頃から習ってるんですけど、今は習いに行けてないので家で一人で練習しています。



――今後、挑戦したいことや目標を教えてください。

【掛橋】ドラマに出させていただいたときにすごく楽しくて、あれからドラマを見ることにすごくはまっているので(ドラマに)出てみたいなという気持ちはあります。



――全国の皆さんに向けて、地元の岡山県のアピールポイントやおすすめスポットを岡山弁で教えてください。

【掛橋】岡山は空気がめっちゃきれいで、動物とかもめっちゃおるけん、都会に疲れたら、来てみんしゃい!



――地元の皆様に向けてメッセージをお願いします!

【掛橋】岡山の皆さん、私も皆さんと同じ岡山県民やけん、覚えてくれたらうれしいなあ(笑)

カテゴリ