初の劇場アニメ化『アダムス・ファミリー』、日本語吹替に杏&生瀬勝久&ロバート秋山ら

初の劇場アニメ化『アダムス・ファミリー』、日本語吹替に杏&生瀬勝久&ロバート秋山ら

 1930年代にチャールズ・アダムスさんが一コマ漫画として雑誌に描き、初の劇場アニメ化が決まった『アダムス・ファミリー』の日本語吹替版を、女優の杏、生瀬勝久、ロバートの秋山竜次、LiLiCo、井上翔太が担当することが8日、発表された。また、本作の公開日が9月25日に決定したことも、わかった。



【動画】公開されたティザー映像



 同作は、ひねくれたユーモアセンスとユニークなキャラクターが人気を集め、60年代にTVシリーズやアニメシリーズ化。実写映画は、91年に第1作、93年に第2作が公開され、世界的なヒットを記録した。日本ではホンダ自動車「オデッセイ」のテレビCMに起用されたことでも話題を呼んだ。



 杏が演じるのは、いつもは冷静だが、愚か者には容赦しない、モーティシア・アダムス。生瀬がモーティシアの夫・ゴメズを担当する。秋山は、はげ頭をしたゴメズの兄・フェスタ―おじさん、LiLiCo人気司会者・マーゴ・ニードラー、井上はマーゴの部下・グレンを演じる。



■キャストコメント

・杏(モーティシア・アダムス役)

子どものころ見ていた『アダムスファミリー』が、現代に復活する、さらに声優として参加できると聞き、とてもうれしく思っています。生瀬さんと夫婦役を演じさせていただけるのも、楽しみです。ゴメズがどこか生瀬さんに似ている?と思ったのですが、私もどこかそうなのかもしれません。キャスト陣のお名前をうかがっただけでも、とても風変わりで面白いファミリーになるのではないか?と思います。果たして、今回はどんなことをしでかすのか?皆さまにすてきな作品をお届けできるよう、これからのアフレコを頑張ります。お楽しみに!



・生瀬勝久(ゴメズ・アダムス役)

今回、ゴメズ役のオファーをいただき、作品を拝見して驚きました!私ですよね!? ゴメズ、私です。あそこまで、かっぷくはよくありませんが、あの目付きは私です。陽気で、イタズラ好きはまんま私ですし、シニカルなところも、生き写しです。キャスティングの方、グッジョブです!私は声優ではないので、吹き替えは慣れていませんが、気持ちを込めて、命を吹き込めればと思っております。ぜひとも劇場でお会いできれば幸いです。



・秋山竜次(フェスター・アダムス役)

このような世界的に有名なファミリーの一員の声を務めさせていただきとても光栄です。まさかこのファミリーからビジネスのお声をかけていただけるとは思ってもおりませんでした。このようなチャンスはもう二度とないと確信しておりますので、北九州・秋山ファミリーの代表として一生懸命頑張らさせていただきます。失礼いたします。



・LiLiCo(マーゴ・ニードラー役)

アダムス・ファミリーを見てから、ずっと縁を感じていました。なんか、他人と思えない、絶対に繋がってると予感していました。長い月日が流れ、ここかっ! キタァ―――! ファミリーの一員ではないが、マーゴはインテリアデザイナーで家をすてきにするのが大好き。わたしも個人的に同じです。そんな番組に出演するのが目標の私にとってはなんだか二つの夢が一気にかなった気分です。思いっきりこのキャラクターの感情的な喜怒哀楽を楽しんで、この作品をかき回したいと思っています!



・井上翔太(グレン役)

この度グレン役を務めさせていただくことになりました井上翔太です。歴史あるアダムスファミリーという素晴らしい作品に参加させていただき光栄です。今回僕が演じるオリジナルキャラクターのグレンを全身全霊で挑み、劇場で皆さまに楽しんでいただけるようキャスト、スタッフの皆さまと力をあわせて取り組んで参ります。
カテゴリ