思わず溺愛したくなる!男性をドキッとさせる「鉄板フレーズ」5選

思わず溺愛したくなる!男性をドキッとさせる「鉄板フレーズ」5選

好きな人から好かれたい。


でも、どうやってアピールすればいいのかわからない。


そう悩むこともあるかと思います。でも……男性って割と単純。


たった一言で、意識し始めることも珍しくはないんです。


気になる彼から深く愛されるためにも、この記事では、男性をドキッとさせる「鉄板フレーズ」を5つご紹介します。


これで彼の心もなたに釘付けになる……かも?



「〇〇くんみたいな人が好き」


気になる彼に自分から思いを伝えるのは難易度が高すぎる……そんなあなたは、遠回しにやんわりアピールしてみてはいかがでしょうか?


「〇〇くんみたいな人が好き」というセリフは告白まではいきませんが、明らかに好意があることが分かる言葉。


これを聞いた彼は「この子に告白してもOKしてくれそう」と安心するのです。


そのほかにも「〇〇くんってモテそうだよね」などと言われたら、「好きという気持ちが伝わってくるから意識してしまう」と感じる男性も多いのだとか。


「すごく頼りになるよね」


たとえば、デートに行くとなると、2人でいろいろ決めなければなりません。


男性としては、好きな女性に自分のいいところを見せるチャンスだと思っていることも多いです。


事前にプランを立てたり下調べをしたりして、良い雰囲気を作ろうとがんばってくれているはず。


そんなとき「あなたってすごく頼りになるよね」と褒めてもらえたら……


彼は「がんばった甲斐があった。この子のために次もまたがんばろう」と意気込んでくれることでしょう。


「あっという間に時間すぎるね」


今日のデート楽しんでもらえたかな?と不安になってしまう男性は多いもの。


「あっという間に時間すぎるね」という一言は、「時間が足りないね」という気持ちを伝えることもできます。


「そんなに喜んでもらえるなら、もっと素敵な場所に連れていってあげたいな」と感じてもらえるかもしれません。


帰り際に伝えるのもいいですし、家に帰ってからLINEで送っても、あなたの思いは十分に彼に届きますよ。


「あっという間だったね。次のデートも楽しみだね」という一言で、あなたとの関係を真剣に考えてくれること間違いなし!


「もっと一緒にいたかったな」


多くの男性は、バイバイする瞬間にこのセリフを言われるとドキッとして嬉しくなるようです。


「好き」という言葉はなかなか伝えにくいですよね。


そこで、「もっと一緒にいたかったな」という言い方をすると、ちょっとずつ距離を縮めていくことができます。


男心をつかむこともできるでしょう。


彼も「こんなことを言ってくれる子ともっと一緒にいたいな」と居心地の良さを感じてくれるでしょう。


「こんなに将来のことを考えられる人は初めて」


「初めて」なんて言うのが恥ずかしいというなら、もっと柔らかく聞こえる「なかなかない」とか「めったにない」でもOK。


これなら抵抗が少ないので口にしやすいのではないでしょうか。


「こんなに将来のことを考えられる人は初めて」と言われると、彼も「この子はこんなに真剣に考えてくれてるんだ」という気持ちになるはず。


多くの男性は「この子に〇〇したのは自分が初めて」ということにこだわるもの。


この言葉には「あなたは特別な人よ」というニュアンスも含まれているので、より二人の仲も深まるはずです。


おわりに


特別なことをする必要はなく、普段の会話にちょっと一言加えてみることがポイントなのかもしれません。


自分ができるところから始めて彼にとってなくてはならない存在を目指しましょう!


(阿部田 美帆/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ