ハリウッド100年の音の歴史を網羅したドキュメンタリー、8・28公開決定

ハリウッド100年の音の歴史を網羅したドキュメンタリー、8・28公開決定

 ハリウッドの映画音響に焦点を当てた世界初のドキュメンタリー映画『ようこそ映画音響の世界へ』(監督:ミッジ・コスティ/原題:Making Waves)が、8月28日より東京・新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、立川シネマシティほか、全国で順次公開されることが決定した。映画音響とは、登場人物の声はもちろん、環境音や効果音、音楽など、映画における“音”の全てを指す。映画を彩るさまざまな“音”はどのように作られ、どういった効果を生んでいるのか。



【動画】クリストファー・ノーラン監督の新作『TENET テネット』



 本作は、ジョージ・ルーカス、スティーブン・スピルバーグ、ソフィア・コッポラ、デヴィッド・リンチ、ライアン・クーグラー、アン・リー、クリストファー・ノーランといった著名で独創的な監督たちや、『スター・ウォーズ』(1977年)などを手掛けたベン・バート、『地獄の黙示録』(79年)などで知られるウォルター・マーチ、『ジュラシック・パーク』(93年)などに携わったゲイリー・ライドストロームといった映画音響界のレジェンドをはじめとした、その道のスペシャリストたちへのインタビューとともに、“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。



 1927年に初めてのトーキー映画『ジャズシンガー』が誕生し、人々は“音”に熱狂。それ以降、映画音響は今も日々発展し続けている。そんな映画音響の進化において、大きな偉業を残した、『キング・コング』(1933年)、『市民ケーン』(1941年)、『鳥』(1963年)、『ゴッドファーザー』(1972年)といった往年の傑作から、第91回米アカデミー賞(2019年)で最多ノミネートとなったことでも注目を集めた『ROMA/ローマ』(2018年)や、今年続編が公開されることでも話題の『ワンダーウーマン』(2017年)といった近年の名作映画の映像をふんだんに使って、知られざる映画音響の歴史を紹介。



 裏方として名作映画を支えてきた音響技術者たちが、オーソン・ウェルズやアルフレッド・ヒッチコックがもたらした革新、ビートルズが映画音響に与えた影響、『スター・ウォーズ』のチューバッカやピクサーアニメの人気キャラクターたちが生き生きとして見える秘密など、実際の創作と発見にまつわる貴重な体験談を語る。



 現代では、優れた女性技術者の活躍も目覚ましく、性別問わず仕事に誇りを持ってエネルギッシュに働く姿は、観る者に感動を与えるだろう。映画音響とは、観客を作品世界に引き込んでいく未知なる音作り。それに挑み続ける音響技術者たちの飽くなき挑戦と奥深き仕事の秘密を知れば、これからの映画鑑賞も違ったものになるはずだ。
カテゴリ