桃月なしこ、リアル自宅&セルフメイクでグラビア挑戦 “匂わせ”疑惑も必至に隠す

桃月なしこ、リアル自宅&セルフメイクでグラビア挑戦 “匂わせ”疑惑も必至に隠す

 現役ナースでコスプレイヤーの桃月なしこ(24)が、『ヤングキングBULL』8月号(少年画報社)の表紙に登場。5回目の表紙となった今回は、リアルな自宅で撮影を敢行した。



【別カット】すべて自ら撮影!鏡越しに美BODYを披露する桃月なしこ



 今回は外出自粛期間だったため、「リアルに2年半前くらいから住んでる自宅」で撮影に挑戦。「ソーシャルディスタンスを保ちながら、マネージャーさんやスタイリストさんにも手伝ってもらい撮影したのですが、まー何分家が狭くて人を家に呼ぶのがまず恥ずかしかったです…(笑)」と振り返った。



 人数の関係で、今回はヘアメイクがおらず「まさかのセルフメイクでの撮影でした。あまりヘアアレンジが得意じゃないので、髪の毛巻くのも精一杯なのですが、どうでしたか?」と反響が気になる様子。



 撮影の裏話として「実は弟が上京しまして、もう少し広い部屋に弟と暮らすために引越しを考えていたので、部屋には荷造りされし段ボールがたくさん積まれてて…(笑)。撮影は段ボールが写らない場所で撮らないといけなかったので、とっても撮影場所を選びました」と苦労があったという。



 さらに「あとは弟の歯ブラシとかも普通に置いてあるので、このまま撮って知らない人が見たら…匂わせになってしまうと思って弟の痕跡を消しました(笑)」と明かしながらも、「そんな楽しい撮影でできた1冊です!」とアピールしている。
カテゴリ