漫画『荒ぶる季節の乙女どもよ。』TVドラマ化 “性”に悩む女子高生の青春群像劇

漫画『荒ぶる季節の乙女どもよ。』TVドラマ化 “性”に悩む女子高生の青春群像劇

 漫画『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(通称、『荒乙』)がテレビドラマ化されることが、9日発売の『別冊少年マガジン』(講談社)8月号で発表された。キャスト情報などは追って発表される。



【動画】女子高生5人が”性”に悩む 公開中のボイス付きアニメPV



 2016年12月~2019年9月まで同誌にて連載していた同作は、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などの岡田麿里氏(原作)と『それでも僕は君が好き』の絵本奈央氏(作画)がタッグを組んだ青春群像劇。あなたの“はじめて”を、わたしにください――。高校の文芸部に所属する小野寺和紗たち女子5人が、「死ぬ前にしたいこと」という話題で沸いたある日、部員の一人が投じたある一言で、その瞬間から、彼女たちは“性”に振り回され悩んでいくストーリー。テレビアニメが19年7月~9月にかけて放送された。



 今回のテレビドラマ化を記念して、漫画の新作番外編読み切りが掲載されることが決定し、『別冊少年マガジン』9月号と10月号、2号連続で掲載される。

カテゴリ