ゴン中山が異世界転生 『シュート!』スピンオフ漫画1巻発売、記念動画も公開

ゴン中山が異世界転生 『シュート!』スピンオフ漫画1巻発売、記念動画も公開

 人気サッカー漫画『シュート!』のスピンオフコメディー『シュート!の世界にゴン中山が転生してしまった件』(漫画:外池達宏、原作:大島司)のコミックス第1巻が9日、発売された。「ゴン中山」の愛称でおなじみのサッカー選手・中山雅史が、『シュート!』の世界に転生しており、発売を記念して中山から「うれしいですね~!」と祝いのメッセージ動画が公開された。



【動画】『シュート!』の世界にゴン中山が転生 本人協力の記念動画



 『シュート!の世界にゴン中山が転生してしまった件』は、現代でトラックにはねられたゴン中山が、漫画『シュート!』の世界に異世界転生する物語。数々の必殺技を繰り出す掛川高校に対して、高校生となったゴン中山が「高校時代、俺は全国大会で優勝することができなかった。だが俺はもう一度ここで今…その夢をつかみとる」と、プロの意地で勝利を目指す姿が描かれる。



 同作と中山のコラボレーションは、“サッカー界の生きる伝説”と呼ばれる中山が、伝説のサッカー漫画に全面協力する形で企画。4月1日“エイプリルフール”の日に漫画アプリ『マガポケ』で連載がスタートしたが、編集部は「うそネタではありません!『マガポケ』で連載は続きます。うそじゃない」と説明していた。



 『シュート!』は、主人公・田仲俊彦が、中心選手で事実上監督も兼ねていた久保嘉晴に憧れて掛川高校サッカー部に入部するところから始まる。先輩に憧れる一人の少年の心理を中心に描かれており、スポーツを媒体にしたドラマチックな物語。久保がある試合でドリブルで“奇跡の11人抜き”直後にピッチに崩れ落ち、試合終了後に死んだことを告げられる場面は、今でも漫画ファンの間で話題になっている。



 『週刊少年マガジン』にて1990年から2003年の約13年にわたって連載された同誌を代表するサッカー漫画。94年に第18回講談社漫画賞を受賞し、全4部作の累計発行部数は5000万部を超える人気作品で、93年にテレビアニメ化、94年にSMAPのメンバーがメイン出演で実写映画化された。

カテゴリ