松本人志初参戦のAmazon『FREEZE』新シリーズ せいや、みちょぱらの“フリーズ顔”解禁

松本人志初参戦のAmazon『FREEZE』新シリーズ せいや、みちょぱらの“フリーズ顔”解禁

 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が手がける、Amazon Prime Originalの番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE』シーズン2の全5話が、10日より配信。それに先駆け、松本をはじめとした出演者たちが必死になって笑いをこらえる“フリーズ顔”が公開された。



【動画】松本人志、Amazon『FREEZE』新シリーズに参戦 チーム対抗戦でせいや、みちょぱら火花



 同番組は「ただ耐え抜く」という、かつてない笑いのサバイバル企画。戦いのルールは「動いたら負け」で、数々の仕掛けが襲いかかり、目の前でどんなことが起きても、驚くことなく、怖がることなく、“氷”のように微動だにしない挑戦者だけが勝ち残ることができる。



 これまで「絶対に出たくない」と言っていた松本が、新シリーズに自ら参戦。「チーム対抗戦」という新ルールを採用し、松本率いる芸人チーム(松本、藤本敏史、小峠英二、せいや)、森三中の大島美幸率いる女性チーム(大島、野呂佳代、丸山桂里奈、池田美優)、元K-1ヘビー級日本人エースの武蔵率いるチャンピオンチーム(武蔵、真壁刀義、本間朋晃、亀田興毅)が熱い戦いを繰り広げる。



 今回解禁された写真では、目を細めて苦悶の表情を浮かべる松本ほか、涙を流すせいや、びしょ濡れの野呂、風圧で顔面が崩壊寸前のみちょぱと武蔵、恐怖で身を縮める亀田など、普段のバラエティー番組では見られない表情がズラリ。最新テクノロジーや巨大生物といった過酷な仕掛けの数々が出場者たちを襲う。



 芸歴38年目を迎え、最近はチェアマンや仕掛け人としての立場が多かった松本が、プレイヤーとして魅せる“芸人魂”は必見。「これはロシアのスパイでも無理!」と狼狽しながらも、笑いの新境地に挑む。
カテゴリ