上白石萌音連ドラ初主演作『ホクサイと飯さえあれば』が再放送決定

上白石萌音連ドラ初主演作『ホクサイと飯さえあれば』が再放送決定

 女優の上白石萌音による連ドラ初主演作で、2017年1月に放送された『ホクサイと飯さえあれば』が、MBSドラマ特区枠(毎週木曜 深夜0:59ほか)にて23日より再放送されることが決定した。



【写真】上白石萌音、ラブソングの作詞アイデアをツイッターで募集



 鈴木小波(すずきさなみ)による北千住が舞台の“伝説インドアご馳走漫画”を実写化。今年から一人暮らしを始めた大学生の山田文子、通称ブン(上白石)がウサギに似たしゃべるぬいぐるみ(?)ホクサイとともに、アイディア満載のD.I.Y. レシピでおいしいご飯を作る、“食べるシーン”が一切ない究極のグルメドラマ。



 上白石のほか、同じ大学に通い、美味しいゴハンに目がなく、コミュ力が高い女子大生の有川絢子(通称:ジュン)役に池田エライザ。ジュンの幼なじみ・永太郎を前田公輝が演じ、ウサギに似た“喋る”ぬいぐるみ(?)のようなキャラクター「ホクサイ」の声を人気声優・梶裕貴が務めている。



 たとえ炊飯器が無くても、お鍋が無くてもおいしいご飯が炊けることが分かり、お金が無くたってちょっとの手間を加えればご馳走になる。“いかに安く、おいしく、幸せを感じながら食べるか”という創意工夫の自炊ライフを追求しているブン。おうちごはんが増えたこの機会にブンのアイディア満載“D.I.Yレシピ飯をマネしてみては。
カテゴリ