「この子、女神?」男性が女性を可愛いと思う瞬間4つ

「この子、女神?」男性が女性を可愛いと思う瞬間4つ

一言に“可愛い”と言っても、男性が思うのと女性が思うのとでは若干の差がありますよね。


その為、女性から見たら「ぶりっ子」と思われる行動でも、男性から見たら「可愛い」と思う行動だったりするものです。


今回は、男性が「女神!」と感じる女性の可愛い行動をいくつかピックアップしてみました。


実際の声と一緒にご紹介します!



目が合った瞬間ににっこり笑ったとき


「飲み会の席で、目が合った女の子に笑いかけられたら、すぐその子狙いになっちゃう(笑)」(27歳・営業)


ふと目が合った瞬間、にこっと笑顔を返してくれる女性を、男性はたまらなく可愛いと感じるようです。


普段からにっこりスマイルが多い女性とは、一緒にいるだけで自分まで楽しい気分になれますよね。


あなたのチャームポイントを周りの人達に聞いた時、半数以上の人が「笑顔」と答えるような女性を目指すのがオススメです。


いつも笑顔でいることで、幸運も舞い込みやすくなりますよ。


目が合ったときだけではなく、普段から「誰かが見ているかもしれない」という意識を持って笑顔を心がけていると、あなたの印象もグッとよくなることでしょう。


ドジをした後、恥ずかしそうにしていたとき


「普段はしっかりキャラなのに、こんなとこで?ってとこでドジする女の子は可愛い。守ってあげたくなる。」(32歳・運転手)


普段はしっかりしていて頼れる存在である女性が、思いもよらないところでドジを踏んで恥ずかしがっているというような“ギャップ”に弱い男性は多いようです。


逆に、それを人のせいにして自分のミスを他人になすりつけるような女性は、男性から嫌われてしまうかも。


ミスをしてしまった時には言い訳などせず、素直に「ごめんなさい」と伝えるようにしましょう。


普段しっかりしていて非の打ちどころがない人ほど、ドジをしているのを見て「人間味があって良いな」と思ってもらえるものです。


看病しに来てくれたとき


「俺のことが心配で来てくれたというだけでかなりポイント高いです。場合によってはその場で好きになっちゃうかも。」(30歳・塾講師)


自分が弱っているときに看病に来てくれた女性が気になってしまう、という男性は少なくないようです。


“自分のために”という気持ちが男性にとってはとても嬉しいのでしょう。


お見舞いに行く際には、栄養ドリンクや薬、おかゆなどの材料を持って訪問すると女子力もアピールできるのでオススメ。


ただし、いきなり押しかけるのは迷惑になる場合があるので、先に一言「お見舞いに行ってもいい?」と連絡しておくのがいいでしょう。


断られたら素直に引き下がり、了承してもらえたら「何か必要なものない?持って行くよ。」と、もう一言付け加えることでさらに印象UPに繋がりますよ。


ただし、押しつけがましいのはいけません。


具合の悪い人のところへ行くのですから、キツイ香水や濃い化粧はしないようにするのがベター。


幸せそうに食事を頬張っていたとき


「体重を気にして食べない女の子より、一緒においしく食べてくれる女の子の方が絶対良い!幸せそうに食べてるのを見ただけでお腹いっぱいになれる(笑)」(35歳・アパレル)


ご飯をおいしそうに幸せそうに食べている女性を見て、ほっこりする男性はとても多いんだとか。


女性としては「食べたいけど、太るのも嫌だし…」と我慢することもありますが、男性の前では思い切り食べて、楽しい食事をする方が良いのかもしれませんね。


「せっかくおいしい店に連れて行ったのに、全然食べなかった」と思われては、今後食事のお誘いはなくなってしまうかもしれませんよ。


恋愛対象の男性との食事中だけは「ダイエットは明日から!」と割り切り、しっかり食べてしまいましょう!


おわりに


男性が“可愛い”と感じる女性に共通しているのは、気取らない魅力を持つ女性。


作りものの笑顔や仕草だけだと、その内ボロが出てしまう可能性も……


初めのうちは意識して笑顔を作ったり行動したりするかもしれませんが、そのうち身についてくるはず。


自然体のままでも魅力を感じられる女性になれるよう、あなた自身に磨きをかけ、大好きな彼だけの「女神」になる努力を惜しまないことが大切です。


内面の美しさは、あなたの最大の武器になりますよ。


(コンテンツハートKIE/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ