人を頼れない女性が「甘え上手」になってモテるには

人を頼れない女性が「甘え上手」になってモテるには

「甘え上手はモテる」「甘えられると男性は嬉しい」とわかっていても、それができない……。


長女気質のしっかり者など、甘え下手な人にとって「甘える」のはハードルの高い行為。


自然に男性を頼っている子を見て、うらやましいと思いますよね。


今回は、「甘え上手」になってモテる方法を解説します!



相手を喜ばせるために人を頼る


甘え下手さんは、基本的になんでも自分でできる、手際のいい人。


「そんなこともできないなんて」と思われそうで、気軽に人を頼れないのでしょう。


でも、恋愛において「適度な甘え」は、能力不足の恥ずかしい行為ではなく、相手を喜ばせるためにする行為。


ポジティブな目的に切り替えれば、ぐっとハードルが下がりますよね。


甘え上手な人を演じる


甘え下手さんは、俯瞰して自分を見てしまうクセがあるため、「甘えている自分」にむず痒さを感じてしまうのでしょう。


たしかに、いつもクールな自分が男性に甘えている姿って、ちょっと照れ臭いですよね。


そんなときは、甘え上手な人を「演じる」のがおすすめ!


ずっと別人を演じて恋愛をするわけにはいきませんが、ここぞというシーンで甘える勇気が欲しいときには、この裏技を使ってみてください。


感謝をしっかり伝える


上手に甘えるテクとは?


人に甘えることで、罪悪感を感じてしまうタイプもいるでしょう。


しかし、相手が好意でやってくれたことを素直に受けとめる場合や、簡単なお願いをする場合であれば、相手は全く負担に感じていないので安心して!


罪悪感を感謝の気持ちに変換して「ありがとう!」をしっかり伝えましょう。


お願いするのではなく「〜したいな」とアピール


甘えてみたものの、「本当は嫌だったらどうしよう」「無理に押し付けてしまったかな」と、相手の気持ちを推測しすぎて、不安になってしまう人もいるでしょう。


そんな人は、甘えるときに「〜してほしい」とお願いするのではなく、「私〜したいんだよね」、「〜だったら嬉しいな」と、願望を口にするようにしてみてください。


逃げ道がある状況でもあなたの望みを叶えてくれた男性は、好意で動いてくれたのですよ。


「しっかり者」と「甘え上手」を使い分けてモテよう!


甘え下手さんの「しっかり者」な部分は、男性から見れば魅力の一つ。


適度なタイミングで「甘え上手」になってギャップを作ると、その魅力をより生かせますよ。


相手は「僕だけを頼ってくれいる!」と、あなたに夢中になってしまうでしょう。


(オルカ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ